社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<慢性腰痛>「脳のドパミン放出で痛みはスッキリ」

 慢性的な腰痛に悩まされている人は少なくないだろう。「慢性腰痛」は腰痛が3カ月以上続いている状態のことを指している。最近の研究で、30代~50代の都心部の事務職で働く人に多く見られることがわかってきており、その理由として、ストレスやうつなどの「精神的要因」が挙げられる。ストレスや不安などにより、痛みの信号を抑える脳の仕組みが働きにくくなってしまうためだ。

 通常は、腰からの痛みの信号が脳に伝わると、脳からドパミン(ドーパミン)という神経伝達物質が放出される。すると、脳内でμ(ミュー)オピオイドという脳内麻薬物質が活性化して神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンが作られる。これにより痛みの信号を脳に伝える経路が遮断され、本来は痛いはずの腰が、痛みを感じずにすむようになっている。

 しかし、ストレスやうつなどの精神的要因が長期間に及ぶと、脳内のドパミンなどが放出されにくくなり、痛みの経路を遮断する仕組みが働かなくなってしまう。つまり、ちょっとした痛みでも強い痛みに感じてしまうのだ。さらに、慢性腰痛は、ストレスの原因を特定できない状態が続くと、かえってストレスをため込むことになり、痛みが慢性化するという悪循環につながりかねない。そのため、医療機関では慢性腰痛の患者に対して精神的要因をチェックする「BS-POP」という質問票を利用して対応している。

 慢性腰痛の治療では、ストレスの原因を探り、解消や改善を目指すことが欠かせない。他にも、脳からドパミンが放出されるよう、適度な運動や楽しいと感じることを行うことも大切で、必ずしも患部の治療だけでは治らないことも少なくない。症状が改善されない場合には、痛み止めや、抗うつ薬、抗不安薬などを用いることもある。完治を目指すのではなく、腰痛とうまくつきあい、痛みを軽減させることがポイントになってくるのだ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策