スポーツ

セ・リーグ元審判員が語る“プロ野球スーパースター列伝”「意外なほど熱さを秘めている」

 かつての監督たちからすれば、現在の監督はおとなしい。これもファン離れの一因ではないか。

 確かに、おとなしいかもしれませんね。巨人の原辰徳監督が現役時代、一塁手をしていたことがありました。ちょうど私が一塁塁審を務めた時、三遊間のゴロを遊撃手が一塁に悪送球してしまい、原監督はベースを離れてボールを捕ると一塁に向かっていた選手の背中にタッチしました。

 しかし、私の位置からはそれは確認できず、「セーフ」と判定。タイミングはアウトだが、ボールがそれた位置から考えると、追いタッチになっているように見えた。原監督は、「エーッ、篠宮さん、ちゃんとタッチしたって」と抗議してきました。ベンチからも当時の藤田元司監督(故人)が飛び出して抗議に加わる騒動になりましたが、最後は原監督が「まぁ、篠宮さんとは同い年だからやめとくよ」と言ったのです。

 実に原監督らしく、爽やかな対応でしたね。

 1人だけ、熱い男がいました。

 広島の野村謙二郎監督です。あれは、私が球審を務めた「広島×阪神」戦の出来事でした。当時の正田耕三選手が打者走者で一塁クロスプレーとなったのです。一塁塁審が普通に「アウト」とヤッたんです。

 審判は「アウト」と「セーフ」にそれぞれ4種類ぐらいのジェスチャーを持っています。当然、クロスプレーは大きなジェスチャーで「アウト、アウト!」と2回はコールすると、選手も納得してくれるのです。

 ところが、この時は普通に小さく「アウト」だけ。「マズイ」と思ったら、案の定、正田選手が猛然と抗議してきました。そこに一塁側ベンチから一番に飛び出してきたのが、現役時代の野村監督でした。冷静な選手というイメージがあったのですが、実は野村監督は熱いものを秘めている。熱血指導が実を結べば、広島は今年のペナントを盛り上げる存在になりそうです。

 確かに、海を渡る選手は増えました。でも、それを補えるほどの新人も入団しています。私も“二刀流”で話題の日本ハムの大谷翔平選手の活躍を楽しみにしています。大谷選手は元審判の目から見ても、大物の実力を持っています。

 若い力がプロ野球を盛り上げてくれている。ぜひとも多くのお客さんに、球場に足を運んでもらいたいです。その時には、少しだけ審判にも注目してもらえるとありがたいですね。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕