スポーツ

侍ジャパンが経済制裁の報復に!?脅威の韓国指揮官が復帰

 侍ジャパンが「悪化する日韓関係」のトバッチリを食らいそうだ。

 稲葉篤紀・代表監督が今年11月のプレミア12、東京五輪を優位に戦うため、「韓国、台湾両国のプロ野球を視察する」と語り、8月15日から台湾を視察。9月には韓国を訪問する予定だが、「視察」を口にした時点で、宿敵・韓国の術中にはまっていたようだ。

「韓国は孫銅烈代表監督を下ろし、北京五輪で金メダルを獲得した金卿文元監督を代表指揮官に復活させました。当時のイヤな記憶がよみがえった関係者も少なくありません」(球界関係者)

 当時のイヤな記憶とは、金卿文監督が星野仙一代表監督を苦しめたことだ。星野監督は韓国戦で左腕・岩瀬仁紀を救援に送り、逃げきり態勢に入ったが、金監督は左バッターを代打に送った。当然、「何かある」と思った侍ジャパンのバッテリーと星野監督は警戒を強め、そのまま自滅してしまったのだ。

 韓国球界に詳しい関係者によれば、61歳でプレミア12、東京五輪を戦うことになるベテラン指揮官の現場復帰は想定外だったという。

「金監督は“感覚を大事にする指揮官”と言われています。何を仕掛けてくるかわからないし、過去のデータや選手の実績もアテにしません。韓国も日本同様、プロチーム監督とは別に代表監督を置いているので、結局、ベテラン金監督の采配は視察できません」(前出・関係者)

 韓国、台湾の視察は稲葉監督の要望によるものだが、“直感で打順編成”までやってしまうベテラン指揮官の前では何の意味も持たないというわけだ。

「カーリングでは韓国の女子チームが札幌開催の大会直前になって不参加を通達してきました。他の日本が舞台となった一部スポーツ大会で、同様の声が聞かれます。11月のプレミア12の舞台は東京ドームです。野球まで韓国が出場辞退してくるとは考えられませんが…」(前出・関係者)

 韓国側は「日本政府による輸出規制のカタキを野球で」と思っているともいわれ、稲葉監督にしてみれば、とんだトバッチリだ。

「侍ジャパンには常設コーチが5人いますが、プレミア12でベンチ入りできるのは、4人まで。誰を外すことになるのか、稲葉監督も決めかねています。外されたコーチをスコアラー登録する裏技も提案されましたが、主催の世界野球ソフト連盟が認めるかどうかわかりません。最終決定ではありませんが、東京五輪も4人制になりそうです」(ベテラン記者)

 一塁コーチを選手に任せる方法もあるが、良策とは言えない。感性で奇策を仕掛けてくる宿敵に対し、相談役のコーチが減るのはよろしくない。9月の視察は稲葉監督の不安を解消するものにはならないようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
誰トク?MAXのLINA、「14歳で30歳の男と交際」告白に、厳しい声殺到
2
「後ろから突きたい!」岡副麻希、猫伸びポーズにまたも妄想爆発の声殺到!
3
岡田奈々を襲った暴漢を塀の中で制裁!安部譲二が遺した怒りと男の純情
4
蘇る“朝ドラ女優”の艶演技(4)大量の“潮”まで見せた清水美沙の女優魂
5
松本人志は許すのか?「ガキ使」霜降りせいやの七変化に批判殺到のワケ