社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<多汗症>「人前に出られない…電流療法や塗り薬で改善」

 連日の猛暑で、汗かきの人にはつらい季節。

 そもそも汗は体温を下げるために出ることで調整している。運動習慣があるなど、汗をかき慣れている人は汗腺機能が高く、サラサラの汗でニオイもしない。

 しかし、ふだん汗をかき慣れていない人の場合は、オフィスの冷房などで、血中のニオイ分子も汗と一緒に体内から出てしまい、臭い汗になる。そこで日頃から汗をかきやすくするよう汗腺機能を高めることが重要となる。

 ところが人によっては、大量の汗が日常生活に支障を来すほどになれば要注意。それは「多汗症」かもしれないからだ。

「多汗症」は「特に暑い日ではない」「激しい運動をしていない」「緊張しているわけではない」環境下で大量に汗をかくのが特徴。全身に汗をかく「全身性多汗症」と、手のひらや足の裏、ワキなどの体の一部に汗をかく「局所性多汗症」がある。

 どちらも原因が特にない体質的なものが多く、「局所性多汗症」の場合は精神的な理由の症例も多い。また「全身性多汗症」には、感染症や内分泌疾患、悪性リンパ腫など別の病気が原因の可能性もある。

 治療法には、内服薬、多汗症の部位を水道水に浸し、そこに電流を流して発汗を抑制する「イオントフォレーシス療法」や、ボトックス(ボツリヌス菌)注射をする方法、塩化アルミニウムが配合された塗り薬などがある。ただし、ボトックス注射が保険適用になるのは重度の原発性腋窩(えきか)多汗症で、単にワキ汗が多いだけでは適用外だ。

 手に汗をかいて握手ができない、ワキ汗が止まらず人前に出られないなど、さまざまなシーンで困ることが多い多汗症。決して珍しい病気ではないので、恥ずかしがらずに皮膚科や内科などを受診してほしい。早めの治療が大切だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
2
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
「虚言・嘘泣き野郎・溺れるナルシスト」YOSHIKIを襲うTOSHIの強烈「コキ下ろし歌詞」大騒動
5
なぜ谷原章介じゃない!?フジテレビ・永島優美「早すぎる番組降板」の裏事情