社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<食中毒>「発症場所は家庭が急増」

 気温も湿度も高い時期に最も多く発生する食中毒。

 食中毒といえば、近年「病原性大腸菌O-157」が猛威をふるっている。加熱が不十分な肉類などが主な感染源となり、潜伏期間は2~3日が一般的。鶏や牛、豚などが原因の「カンピロバクター」は1~7日(平均は2~3日)、生肉・生卵などの「サルモネラ菌」は12~24時間。カキなどで知られる「ノロウイルス」も、1~2日の潜伏期間だ。

 激しい下痢や腹痛、嘔吐、発熱などの症状が起きる。

 つまり、細菌性やウイルス性の食中毒の場合、直前に食べたものより2~3日前に食べたものが原因となるケースが多い。

 一方、サバやイワシなどに寄生するアニサキスなどの寄生虫の場合は、数時間で激しい腹痛や嘔吐が発症する。

 近年、食中毒で増えているのが、鶏肉を中心とした「カンピロバクター」。理由としては、牛レバーや豚の生食提供が法律で禁止される中、鶏肉はレバーや半生状態で食べる機会が増えたことが推測されている。

 また、意外に多い発症場所が家庭での食事 。まな板などを介して菌が他の食材に付着することが多いので、肉と野菜を切るまな板は分別し、食材を切ったらそのつど洗う、などの注意が必要だ。また、肉は中まで十分に加熱すること。

 食中毒になる人・ならない人には当然ながら、食べた量の差が影響している。加えて、免疫力の個人差も大きく、乳幼児や高齢者、持病がある人などは重症化しやすいと言われているので注意が必要だ。

 ちなみに、「一度アタッたら、その食材を食べられなくなる」と思い込んでいる人もいるが、心配は無用。例えば、カキやサバなどを食べて嘔吐、じんましんの症状が出たら、むしろ食中毒ではなく、その食材に対するアレルギーを疑ったほうがいい。ぜひ検査をおすすめする。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは
2
「モヤさま」で放送事故寸前!?田中瞳の股奥披露に垣間見える“したたかさ”
3
永野芽郁、「金髪姿」披露にあがった“まさかのショックな指摘”とは?
4
三原じゅん子 恥を知れ!大臣になれない芸能過去(1)芸能人好きの総理にすり寄り
5
ザ・ドリフターズ 仲本工事が明かす「全員集合」裏話(1)長かったいかりや長介の説教