政治

小泉進次郎「河村たかし潰し」の大逆転シナリオ(2)地上戦と空中戦で逆転を狙う

 局長である進次郎氏のもと、自民党の隠れ最大派閥とも言われる青年局だが、最近は亀裂を生じていたという。自民党関係者が語る。

「週末の地元回りの前に『カレーを食って皆で意見交換して週末頑張るぞ』と進次郎が呼びかけていた金曜日の定例会ですが、参加メンバーが減っていました。ゲストを呼んだりしてつなぎ止めていますが大島(理森)さんや、二階(俊博)さんに怒られるのを恐れて、参加を躊躇する若手もいました。青年局メンバーで被災地を訪問する際も、進次郎を先頭に大名行列のような状態になる。青年局には彼より年上もいるし、正直、嫉妬している若手もいます」

 空中分解する危機をはらんでいた青年局だが、今回の選挙応援を受け、進次郎氏は5日に青年局所属の国会議員の事務所に、ある“通達”をしている。

「進次郎氏の名前で『名古屋市長選挙応援に関するお願い』と題したA4判のファクスを送っています。17日の名古屋入りを議員に呼びかける内容です。午後5時から、名古屋駅周辺で青年局主催の街頭演説が予定されているのですが、『原則13時(午後1時)まで』に藤沢氏の選挙事務所集合の指令がなされていました」

 また紙面には、集合後、知り合いの企業や団体の支店・支所を4時間以上訪問するといった細かい指示までされていたという。アベノミクス効果もあり、高い政党支持率を維持している自民党には追い風が吹いているのだが、前出・政治部記者が語る。

「そうした風を考えると、今回の河村さんの選挙は、前回の7割近い票からの引き算の選挙になるはずです。名古屋といえば、東海地方最大の都市です。多くの中小企業があり、事業所の数で約12万、企業数で約8万5000と、東京、大阪に次いで全国3位になります。また、従業員数も約140万人で全国4位。自民党の古典的な選挙スタイルはこうした地道な企業回りです。河村さんの支持層は企業とは関係のない浮動票ですので、まず青年局が一丸となって地盤をきっちり固めるという作戦でしょう」

 進次郎氏は、ヒビ割れしかけた青年局を一枚の檄文で束ね、地上戦によって票固めをしたあと、自身が乗り込み「演説」という空中戦で浮動票を獲得しようとしているのだ。政治評論家の浅川博忠氏がその魅力を語る。

「進次郎氏は発言のメリハリが効いていて、短い言葉で核心を突くというわかりやすさがありますね。そうした演説の力に、格好がよくて独身という要素が加わるので、若い女性にとっては一種のスター的存在なんです。今、進次郎さんが応援に行けば、すごく人が集まります。集票力とは一概に言えませんが、人が集まればその何割かが票となりますので、その効果は大きいと言えます」

 これまで河村氏の票田だった主婦層を根こそぎ奪い取る可能性もあるのだ。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
4
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること