芸能

広瀬すず 女優としての演技力とバストが急成長(3)姉・アリスをしのぐ大きさに

 芸能ジャーナリストの佐々木博之氏もこう話す。

「必ずしも清純派だから胸の巨大化はダメということはありませんが、広瀬はそれで売り出しているわけではないので、いきなりそういうキャラになったら、イメージが変わってしまうことはあるでしょう」

 これまで業界内では、「バストなら姉・アリスのほうが上」との見方が強かった。だが、妹・すずの急成長で逆転現象すらささやかれる不測の事態に、今や舞台裏は大混乱の様相に。

「広瀬をヒロインとして起用する予定の作品に、巨乳化の影響が出るのは必至。セクシー封印のため、『さらしを巻いて出てもらうしかない』『おっぱいだけCG加工するしかない』などと、半ば本気の冗談が関係者の間で飛び交っています」(広告代理店関係者)

 国民的女優を巡る「おっぱい騒動」は解決の糸口すら見えないが、現場での広瀬の評価は日増しにうなぎ登りだ。

 節目となった記念作品には、先に触れた山口をはじめ、松嶋菜々子(45)、小林綾子(47)、貫地谷しほり(33)など、歴代の朝ドラヒロインが「凱旋」。そんな大先輩を前にしても、広瀬は座長として現場を盛り上げていた。

「常に雰囲気を大事にしていましたね。ドラマの現場に慣れていない芸人の川島明さん(40)の誕生日祝いを率先したり、現場であまりごはんを食べない渡辺麻友さん(25)にお菓子をあげて、距離を縮めていました」(ドラマ関係者)

 共演者だけではなく、スタッフへの気配りも忘れていない。

「スタジオ内には、スタッフの名前と顔写真の一覧表が貼ってあります。広瀬さんは撮影が始まった頃によく眺めていて、スタッフの名前を覚えてくれたんです」(ドラマ関係者)

 4月にサンダルのクロックスのグローバルアンバサダーに就任したこともあり、共演者とスタッフに「なつぞら」と書かれた特製サンダルをプレゼントした広瀬。早くも続編の期待も高まっているが、すでに次なる大仕事が決まっていた。

「10月8日から野田秀樹作・演出で、世界的ロックバンドQUEEN公認のNODA・MAP公演『Q:A Night At The Kabuki』に出演します。同バンドのアルバム『オペラ座の夜』の世界観を舞台化したもので、本作が広瀬にとって初舞台。ふだんは緊張しないタイプですが、早くもプレッシャーを感じているようです」(芸能記者)

 初舞台まで間もないが、広瀬の巨乳化もあって、客席は“すず”なりの大混雑となりそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
2
「キスしてる?」質問にフジテレビ・井上清華が衝撃「赤面もじもじ返答」の「まさか!」
3
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
4
落合博満が「何の連絡もない」と困惑する「中日OB戦オファー事件」の舞台裏
5
岡田監督と不協和音!阪神・佐藤輝明「怒りの2軍落ち」で問題視された「試合に向かう姿勢」