スポーツ

坂本勇人、見えてきた「ミスター超えの40本塁打」に原監督も怯えてる!?

“不遇のキャプテン”だった坂本勇人が、巨人の歴史を塗り替える。

 坂本が連敗を止める35号アーチを放ったのは9月7日。初回には連敗のイヤな雰囲気を断ち切る先制打も放っており、「困った時のキャプテン」と、その勝負強さが再評価された。

「坂本がキャプテンになって以来、奇しくも一度もリーグ優勝をしていません。だから、今季の優勝に懸けていると思います」(スポーツ紙記者)

 しかし、巨人のチーム関係者は「別の快挙」に注目していた。

「巨人の生え抜きの右バッターで『シーズン40本塁打』に到達した選手はいません。今年の坂本なら、40本に届くかもしれません」(球界関係者)

 実現すれば、球団創設から85年目、ついに歴史が塗り替えられるわけだ。原辰徳監督、中畑清氏も40本には届かなかった。あの長嶋茂雄氏でも1968年の39本が最高で、「あと1本」が出なかった。巨人が本拠地球場としてきた後楽園球場、東京ドームだが、「レフト方向だけが深い」なんてことはない。また、左バッターに有利な形態にもなっていない。単なる偶然でしかないのだが、40本到達と同時に、坂本は「巨人史上最高の右バッター」ということなる。

「坂本はどちらかといえば、チャンスメーカーであり、長打力よりも首位打者タイプ」(前出・球界関係者)

 今季の坂本は打撃フォームをフルスイングするスタイルに改造している。本塁打を狙っての改造ではなく、自身の打撃成績を上げるためだった。35号アーチはセ・リーグ本塁打王争いのトップタイに並ぶ数値。坂本は本塁打王争いのダークホース的存在でもあったが、127試合目での35本目。残り13試合で「あと5本」は十分に可能だ。

「キャプテンとして、単に優勝を経験するよりも『伝説の記録』を達成しての優勝となれば、坂本の存在感は絶大です。次期監督と言われる阿部慎之助にも近づくでしょう」(前出・球界関係者)

 伝説超えまで、あと5本。原監督は優勝を引き換えに4番バッターだったメンツを喪失してしまうのか? 優勝マジックナンバーのカウントダウンよりも、坂本の伝説超えのほうが興味深い。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
習近平が金正恩に重大警告!北朝鮮「地下核実験」がもらたす「不気味な奇病」と「白頭山大噴火」
2
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
3
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
4
「体の関係だけの女がいても…」サッカー田中碧と交際する鈴木愛理の大胆思考は「アリかナシか」
5
サッカー超辛口批評の闘莉王がシリア戦代表メンバーを「手のひら返しのベタ褒め」大異変