スポーツ

坂本勇人、見えてきた「ミスター超えの40本塁打」に原監督も怯えてる!?

“不遇のキャプテン”だった坂本勇人が、巨人の歴史を塗り替える。

 坂本が連敗を止める35号アーチを放ったのは9月7日。初回には連敗のイヤな雰囲気を断ち切る先制打も放っており、「困った時のキャプテン」と、その勝負強さが再評価された。

「坂本がキャプテンになって以来、奇しくも一度もリーグ優勝をしていません。だから、今季の優勝に懸けていると思います」(スポーツ紙記者)

 しかし、巨人のチーム関係者は「別の快挙」に注目していた。

「巨人の生え抜きの右バッターで『シーズン40本塁打』に到達した選手はいません。今年の坂本なら、40本に届くかもしれません」(球界関係者)

 実現すれば、球団創設から85年目、ついに歴史が塗り替えられるわけだ。原辰徳監督、中畑清氏も40本には届かなかった。あの長嶋茂雄氏でも1968年の39本が最高で、「あと1本」が出なかった。巨人が本拠地球場としてきた後楽園球場、東京ドームだが、「レフト方向だけが深い」なんてことはない。また、左バッターに有利な形態にもなっていない。単なる偶然でしかないのだが、40本到達と同時に、坂本は「巨人史上最高の右バッター」ということなる。

「坂本はどちらかといえば、チャンスメーカーであり、長打力よりも首位打者タイプ」(前出・球界関係者)

 今季の坂本は打撃フォームをフルスイングするスタイルに改造している。本塁打を狙っての改造ではなく、自身の打撃成績を上げるためだった。35号アーチはセ・リーグ本塁打王争いのトップタイに並ぶ数値。坂本は本塁打王争いのダークホース的存在でもあったが、127試合目での35本目。残り13試合で「あと5本」は十分に可能だ。

「キャプテンとして、単に優勝を経験するよりも『伝説の記録』を達成しての優勝となれば、坂本の存在感は絶大です。次期監督と言われる阿部慎之助にも近づくでしょう」(前出・球界関係者)

 伝説超えまで、あと5本。原監督は優勝を引き換えに4番バッターだったメンツを喪失してしまうのか? 優勝マジックナンバーのカウントダウンよりも、坂本の伝説超えのほうが興味深い。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
掛布雅之「阪神・大山を大絶賛」の裏で…「Aクラスはないよ」断言していた!