社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肺炎>「咳や高熱の症状が出ず高齢者の場合手遅れも」

 肺炎は、重症化するケースが多い病気。発熱、咳、痰などの初期症状が風邪と似ているため、気づかずに放置してしまうのが要因だ。

 風邪と肺炎の大きな違いは感染部位だ。風邪は、鼻や喉などの上気道に感染して炎症を起こすのに対し、肺炎の場合は、気管支の末端の小さな袋「肺胞」に、細菌やウイルスなどの病原体が感染して炎症を起こす。

「肺胞」は酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出す役割を担っているため、ここが炎症を起こすと、呼吸が困難になってしまうのだ。

 肺炎は3種類に分けられ、「細菌(細菌性肺炎)」は肺炎球菌、「ウイルス(ウイルス性肺炎)」はインフルエンザウイルス、「微生物(非定型肺炎)」はマイコプラズマなどが原因で発症する。

 感染経路は、咳やくしゃみなどによって飛び散る病原体が口や鼻から入り込んで感染する「飛沫感染」と、ドアノブなどに付着した病原微生物に接触して感染する「接触感染」がある。肺炎や風邪の感染は主に飛沫感染であることが多い。

 ここで特に気をつけてほしいのが、高齢者の肺炎。数日間に及ぶ38℃以上の高熱や、激しい咳や痰などを伴う場合が多いが、高齢者の場合は顕著な症状が現れないことも多い。そのため、気づかないままに進行してしまい、嚥下機能の低下から「誤嚥性肺炎」になりやすい。

 これは、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患。高齢者は風邪が少し続いていると思ったら、すぐ医療機関を受診することが必要だ。

 予防には手洗いやうがい、規則正しい生活、予防接種も重要だ。特に、肺内に入ると肺炎を起こす細菌「肺炎球菌」は重症化しやすいので、「肺炎球菌ワクチン接種」は必ず受けよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆が「亀の頭チラッと見せ」ショットを公開!意味深すぎて男子騒然
2
梅宮辰夫の電話番号を消す和田アキ子に「意味がわからない」大ブーイング!
3
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
4
あのコンビが原因?とろサーモン久保田が上沼恵美子にキレた本当の理由
5
胸の先端がピンコ立ち!映画「人間失格」で「マッパになった」大物女優とは