社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<肺炎>「咳や高熱の症状が出ず高齢者の場合手遅れも」

 肺炎は、重症化するケースが多い病気。発熱、咳、痰などの初期症状が風邪と似ているため、気づかずに放置してしまうのが要因だ。

 風邪と肺炎の大きな違いは感染部位だ。風邪は、鼻や喉などの上気道に感染して炎症を起こすのに対し、肺炎の場合は、気管支の末端の小さな袋「肺胞」に、細菌やウイルスなどの病原体が感染して炎症を起こす。

「肺胞」は酸素を取り込み、二酸化炭素を吐き出す役割を担っているため、ここが炎症を起こすと、呼吸が困難になってしまうのだ。

 肺炎は3種類に分けられ、「細菌(細菌性肺炎)」は肺炎球菌、「ウイルス(ウイルス性肺炎)」はインフルエンザウイルス、「微生物(非定型肺炎)」はマイコプラズマなどが原因で発症する。

 感染経路は、咳やくしゃみなどによって飛び散る病原体が口や鼻から入り込んで感染する「飛沫感染」と、ドアノブなどに付着した病原微生物に接触して感染する「接触感染」がある。肺炎や風邪の感染は主に飛沫感染であることが多い。

 ここで特に気をつけてほしいのが、高齢者の肺炎。数日間に及ぶ38℃以上の高熱や、激しい咳や痰などを伴う場合が多いが、高齢者の場合は顕著な症状が現れないことも多い。そのため、気づかないままに進行してしまい、嚥下機能の低下から「誤嚥性肺炎」になりやすい。

 これは、細菌が唾液や食べ物などと一緒に誤嚥され、気管支や肺に入ることで発症する疾患。高齢者は風邪が少し続いていると思ったら、すぐ医療機関を受診することが必要だ。

 予防には手洗いやうがい、規則正しい生活、予防接種も重要だ。特に、肺内に入ると肺炎を起こす細菌「肺炎球菌」は重症化しやすいので、「肺炎球菌ワクチン接種」は必ず受けよう。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「タピオカ騒動」木下優樹菜、一転謝罪も指摘される「ファンに『黙れ』」過去!
2
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
3
批判覚悟?田中圭が「おっさんずラブ」続編から降板しなかった理由
4
桑子真帆を筆頭にNHK勢が躍進のヒミツ/「女子アナランキング」考察(下)
5
木下優樹菜「恫喝DM騒動」で「数千万規模の違約金発生の可能性」証言!