女子アナ

加藤シルビアも見せた透けラインの「吸引力」/女子アナ“肌着見せ”の秘密(9)

“透け肌着”も、女子アナウオッチングの楽しみの一つだろう。

「透けて肌着の線が出ないように、ヒップ部分が紐状のタイプを着用する女子アナが多く、そうでなくても、なくともなるべくラインや色が目立たないようなものを選んで着用しているようですが、それでも浮き出てしまうことがあるんです」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

 それは、スカートではなくズボンスタイルの時である。

「スタジオでは基本的にはスカートというのが、各局、女子アナの決まりで、ズボン姿が見られるのは、野外ロケや取材の時です。といっても、生地の厚いデニムをはくわけにはいかず、多くの女子アナがチョイスするのは、白いピタピタのもの。しかもロケの時には、取材現場をルポしながらカメラが、そんなヒップを後ろから捉えてしまうため、透け肌着、透けラインのチャンスとなってしまうんです」(前出・たなか氏)

 最近で衝撃的だったのは、TBSの加藤シルビアアナ。8月30日の「あさチャン!」のロケで“避暑地”として鍾乳洞をリポートしたのだが、これがたまらなかったというのだ。

「終始、カメラに突き出されたヒップはパツンパツンで、ローライズの白のズボンで思い切り肌着の形を浮き上がらせていました。二児の母でもあり、さすがに紐バックではありませんでしたが、腰をかがめて天井の低い鍾乳洞の中を進むシルビアを、後ろからカメラが追い続ける間、上から半ヒップがはみ出してしまいそうでしたね」(前出・たなか氏)

 女子アナいろいろ、肌着もいろいろ。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」