スポーツ

松坂大輔、「結局は中日退団」の理由にファンもツッコんだ“安すぎる恩義”!

 さすが「怪物」は神経が図太い。

 中日の残留か他球団への移籍か、その去就が注目されていた松坂大輔の退団が、10月4日に決まった。

「移籍2年目の今季の登板は、たった2試合で0勝1敗。それでも球団側は、8000万円からの大幅減俸でありながら、現役続行を希望する松坂に対し来季の契約を打診していました。しかし、9月27日にそうした条件提示の会談をしたのち、松坂からの返答がなかなか得られず、球団がヤキモキしていたところへ、ようやく3日に加藤宏幸球団代表に退団の意向を伝える連絡が入ったといいます」(スポーツ紙記者)

 その松坂は報道陣に対し、「球団には感謝の思いしかありません。大した力になれなかった僕を一生懸命応援してくださったファンの皆さんに感謝しています」としたのだが、ネット上で〈やっぱり松坂だよな〉と批判を買ってしまったのは、そこで語られた退団の理由だ。

「松坂は18年に中日への入団テストの場を作った前監督の森繁一SDと、友利結国際渉外担当の退団を挙げ、『2人にホークスをクビになったときに声をかけてもらってドラゴンズに拾ってもらったので、その2人が退団することになったのでボクもいちゃいけないなと思った』とした。これにホークスファンからは《クビって自分から言い出したのでは?》といった指摘や、《森さんと友利さんの件は単なる理由付けにすぎないのでは》《やっぱり金銭面で折り合いがつかなかったのだろう》とヤユする声が広がっているんです」(夕刊紙記者)

 2015年に日本球界に復帰し入団した福岡ソフトバンクホークスでは、在籍した3年間で1軍登板はたった1回。その際、球団は18年の契約について、育成選手枠で傷めていた右肩のリハビリの様子を見ながら、改めて契約を見直すといった温情的な形を打診したというが、松坂はこれを蹴って中日に入団している。

「そんな経緯もあって今回の発言がホークスファンの反感を買っているわけですが、何より今季のイメージも悪すぎました。昨季は11試合登板で6勝と数字を残すも、今季5月には右肩の炎症でリハビリのために1軍を離脱中、2軍の練習日にゴルフに興じる現場をフライデーされており、そもそも森氏、友利氏の恩義を感じていれば、そんな失態はやらかさない。そしてまた、球団の条件を蹴って自ら去るわけですから、同じことを繰り返しているようにも見えてしまいます」(スポーツ紙記者)

 一部スポーツ紙では、そんな松坂の獲得に古巣である西武ライオンズが動き始めたとも伝えられているが、中日退団は、それを受けての動きか。いろいろと勘繰ってしまう。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
2
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
3
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」