社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<秋ウツ>「ハッピーホルモンの減少でやる気が出ない…」

 一日中体がだるくて眠い、どうもやる気が出ない──それは「秋うつ」の症状かもしれない。

 秋は気分が落ち込んだり体調がすぐれなかったりしがちとなる。そんな季節的原因となるうつ症状が「季節性感情障害(Seasonal AffectiveDisorder)だ。略してSADと呼ぶ。1984年に、アメリカの精神医学者、ノーマン・ローゼンタールによって発表された。

 一般的なうつ病では、食欲がなくなり眠れなくなるのに対し、「秋うつ」の場合は食欲が増加し、甘いモノがやたらに欲しくなったりする。また過食気味になり、十分寝てもスッキリしなかったりする。

 その理由は、夏に比べて日照時間が減少するためだと言われ、日照量が減ると「ハッピーホルモン」と呼ばれる「セロトニン」の分泌量が減ると考えられている。

 セロトニンは食欲や睡眠、気分、記憶などを促進する神経伝達物質で、痛みの信号を脳に伝える経路を遮断し、麻痺させる役割も果たしている。

 その一方で、セロトニンが減ることで、さまざまな欲が停滞し、やる気が失われるばかりか、ふだんはあまり感じない些細な痛みがダイレクトに脳に伝わることで、体がだるいという感覚にも陥りやすくなる。

 予防・症状の改善には、セロトニンの分泌量を増やすために、日光浴がオススメだ。朝起きたらカーテンを開け、しばらく光を浴びる。自宅の照明を明るくしたり、軽い運動を取り入れるのも有効だ。

 食事面では、トリプトファンという成分を含むヨーグルトやチーズ、みそなどの発酵食品を積極的に摂取すること。太陽光が減ると、ビタミンD3が不足することでSADに似た症状を引き起こすこともあるため、サプリメントなどを上手に活用したい。一般的なうつ病とは原因や症状もまったく異なるため、早めの対策が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木村拓哉、「グランメゾン東京」でのセリフが“違和感”放っちゃった理由!
2
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
3
常盤貴子の完熟ボディに熱視線!過去最高の「2つのふくらみ」は見逃せないッ
4
ミニ丈スカートにワキ見せも!「北朝鮮スッチーカレンダー」を入手公開
5
鈴木亜美、幼少期の極貧生活告白で思い出される「アノ人との恋愛」