スポーツ

巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声

 今シーズンから読売ジャイアンツの一軍外野守備走塁コーチを務めていた鈴木尚広のダブル不貞報道を10月17日発売の「週刊新潮」が報じた。

 鈴木は球団に対して「一身上の都合」を理由に退団を申し入れ、球団が前日の16日付で退団すると発表していたが、その背景には医師の夫と二人の息子がいる元アナウンサーの女性との不貞愛発覚があったようなのだ。

「鈴木は2003年に今の奥さんと結婚し、中学生になる息子もおり、10年にはベスト・ファーザー賞まで受賞している。しかし現状としてはすでに家庭は崩壊し、奥さんとは離婚訴訟中なのだという。また、記事に登場した鈴木夫妻の知人によれば、鈴木は奥さんを怒鳴ったり、手を上げることもあり、ベストファーザーと言うにはほど遠い存在だったようです」(エンタメ誌ライター)

 さらに同誌では、不貞関係を決定づける鈴木と不貞相手とされる女性のツーショット写真も掲載しており、その中には離婚成立前にも関わらず、黒のタキシードに身を包んだ鈴木と、ウエディングドレス姿のその女性が寄り添うという、報じられている通り“重婚”を思わせるものまである。

「今シーズン限りでの現役引退を発表している同チームの阿部慎之助も、12年に、元グラドルでタレントの小泉麻耶との3夜連続不貞密会を報じられています。その際、阿部は宅配便の配送人を装うような出で立ちで小泉のマンションを訪れていたと伝えられている。阿部もそんな恥ずかしい姿を目撃されたわけですが、鈴木の不貞相手とのウエディング写真は気持ち悪さも段違いで、シャレにはならないレベル。そのため今回の報道に世間からは『こんな写真見せられて奥さん可哀想』『日本シリーズ前なのに何やってくれてるんだよ!』などといった声が上がり、巨人ファンもすっかり呆れた様子です」(前出・エンタメ誌ライター)

 現役時代は通算盗塁数228を記録していることから、“代走のスペシャリスト”の異名をとった鈴木だが、足だけではなく手も速かったということか。

(佐伯シンジ)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線