スポーツ

鈴木愛らとバチバチ!「しぶこ」が同組で無視される“緊迫バトル”全貌とは?

 42年ぶりのメジャー制覇で沸き起こった“しぶこフィーバー”は、収まる気配がない。だが、そこはプロの世界。黄金世代のライバル勢が目の色を変えて打倒・渋野日向子に燃える。すでに意外なところで、バチバチのバトルのゴングが鳴っていたのである。

 今年8月29日に開幕した「ニトリレディス」の報道席は重苦しい空気に包まれていた。LPGA(日本女子プロゴルフ協会)関係者が振り返る。

「初日の渋野の組は、18年賞金ランク3位と4位で、日本人ワンツーの鈴木愛と比嘉真美子という注目の組合せでした。ところがラウンド中、3人が並んで歩くことはなく、会話を交わすシーンさえほとんどなかった。それこそ、スタート時の握手とあいさつ、スコアの確認ぐらいでしたね。あの陽気な渋野が、語りかけられないようなピリピリとした雰囲気が流れ、ラウンド後の渋野は『気、遣ったわ~』と苦笑いしていた」

 シンデレラ・ルーキーに対する賞金女王候補の鈴木&比嘉の“黙殺包囲網”のようにも映る光景が、予選ラウンドの2日間にわたって続いたから、報道陣を慌てさせた。スポーツ紙デスクが苦笑する。

「3日制の大会なら2日目から順位ごとの組合せとなりますが、4日制では2日目も初戦のメンバーのままだけに、記者泣かせの大会でしたね。前日までの鈴木は『渋野さんに注目が行き、いい意味でほったらかしにしてくれると、私は回りやすい』と、笑っていたし、比嘉にしても『女子ツアーをメインとなって盛り上げてくれていると思う。私もそんなプレーがしたい』と話していたので、プレー以外でも3人で観衆を沸かせてくれると思っていたんですが…」

 いざ渋野と顔を合わせると、今年の目標に賞金女王を掲げ、来年の東京五輪代表争いも演じているだけに、鈴木も比嘉も思わず敵対心をムキ出しにしてしまったのかもしれない。

 その背景とは──。その全容は10月21日発売のアサヒ芸能10月31日号で詳細にレポートしている。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
深田恭子が杏、北川景子に続き“百合遊戯”標的に狙い定めた「若手女優」
2
「50万でどう?」坂口杏里から誘いを受けた男性から語られた衝撃の事実とは?
3
浜崎あゆみが別人に!?「誰これ?」「怖すぎ」コメントが続々
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
美女アナ「仁義なき覇権バトル」春の陣(3)テレ東は田中瞳が一気にエースアナへ