芸能

明菜・ちあきなおみ・未唯…大ヒット歌手の圧巻ベッド場面!(1)大賞受賞篇

 かつて、日本中が「誰が賞を獲る?」と固唾を飲んだ時代があった。国民的行事で注目を浴びたレコード大賞や歌謡大賞の受賞者にも、火の出るようなベッドシーンの過去があった!

 85年、86年と連続で「日本レコード大賞」を制した中森明菜(54)は、女優としても数々の功績を残した。月9のヒロインになった「素顔のままで」(92年、フジテレビ系)は、最高視聴率31.9%を記録する。同ドラマは安田成美との友情がテーマだったが、翌93年のスペシャルドラマ「悪女II サンテミリオン殺人事件」(フジ系)では、妖艶な女に扮した。年下の恋人(保阪尚希)とのベッドシーンでは、シーツにくるまったままだが、隠れ爆裂バストと言われた胸の膨らみもはっきりわかる。正常位からみずからが上になってディープキスを交わす。

「ベッドの中で服を着ていたら不自然でしょ」

 明菜は当時、そうコメントしたように、すべてを脱ぎ去って撮影に臨んでいたのだ。

 レコ大で初めてヤングポップスが大賞を制したのは、黛ジュン(71)の「天使の誘惑」(68年)だった。ミニ丈スカート姿で振りまく健康的な笑顔が特徴だった。

 それから15年後、黛は日活の成人向け映画「女帝」(83年)の主演で話題となる。三越の女帝と言われた竹久みち氏をモデルに、実録タッチの異色作となったが、完熟した女性となった黛のラブシーンはふんだんにあった。

「映画館を男の人のアレまみれにしてみせますわ」

 公開の舞台挨拶で豪語したのは、さすが大賞受賞歌手の貫禄である。

 レコ大史上、空前の逆転劇と呼ばれたのが「喝采」(72年)のちあきなおみ(72)である。ドラマチックな曲の構成は、自身が引退した今なおカラオケで愛唱され続けている。そんなちあきの貴重なベッドシーンは、西城秀樹主演の「傷だらけの勲章」(86年、東宝)だ。冒頭から秀樹と朝加真由美の激しいベッドシーンに衝撃を受けるが、ちあきも負けてはいない。ベテランの中村嘉葎雄を相手に、完脱ぎではないものの、持ち前のフェロモンが匂い立つようなラブシーンを演じた。

 そんなちあきと、レコ大史に残るデッドヒートを演じたのが、「瀬戸の花嫁」(72年)を歌った小柳ルミ子(67)だ。一足先に「日本歌謡大賞」は獲得したが、大みそかの覇者にはなれなかったが…。そして30歳となった83年、ルミ子は「白蛇抄」(東映)で男たちをざわつかせる。後妻として嫁いだ若山富三郎に下腹部を愛撫され、義理の息子となる杉本哲太には若い肉欲をぶつけられる。もちろん、豊かな胸も初めてベールを脱いだ。当時、最大手の渡辺プロに所属していたルミ子だが、出演は自分で決めたと本誌に明かしていた。原作を読んだ時の艶っぽい描写に脱ぐことは避けられないと感じて、「監督に出演を了承して『事後承諾』の形を取りました」とのことだった。

 猛反対だった渡辺晋社長も、ルミ子の熱意に根負けする。結果、ルミ子は「日本アカデミー賞主演女優賞」という「もう一つのグランプリ」を射止めたのだ。

 78年のレコ大は、日本中に旋風を巻き起こしたピンク・レディーの「UFO」が獲得。その後、急激な人気低下で81年に解散するが、ミーこと未唯(61)は翌82年に「コールガール」(松竹)に主演。カラミはソフトなものであったが、シャワーシーンでは小粒なバストトップがはっきりと映し出されたものだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    元SKE48の松村香織がガールズケイリンに潜入。女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    Sponsored
    137289

    ガールズケイリンをご存知だろうか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。男子と同じ競輪場のバンクを使うという部分では共通するものの、ガールズならではの見所もある。そのひとつが“華やかさ”。ここ数年の自転車ブームでご…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ドクターX」、ついに歴代最低視聴率を更新で「あの肝煎りドラマ復活を!」の声
2
そのうち死者出る!?人気YouTuberシルクロードの明かした病状が激ヤバ!
3
沢尻エリカ、「薬と男に溺れた」素顔!(1)成長しないクラブ遊びと女王癖
4
田中理恵、小さめTシャツで露わにした“ミルクタンク”胸の「ものスゴさ」!
5
「少年寅次郎」“寅さんの母親”を演じた井上真央に大絶賛!感涙の声続々