芸能

沢尻エリカ「監視対象リスト」10年密着マークの「核心証言」(2)野外パーティー三昧を疑われ…

 それだけではない。沢尻容疑者が、薬物でマークされるのは今回が初めてではないのだ。

 捜査関係者が明かす。

「実は、沢尻容疑者が内偵対象になったのは、およそ10年前のことです。ちょうど高城剛氏と結婚していた時期で、爆音ダンスミュージックを野外で聴く『レイブパーティー』にハマっていました。そのパーティーの中には、ドラッグが出回っているとされるイベントも少なくなかっただけに、容易にドラッグを入手できる環境にあった。しかも、当時の沢尻容疑者の周辺にはドラッグとの関与が疑われる人物が複数おり、かなり徹底的にマークされていました」

 だが、沢尻容疑者と薬物を結びつける証拠は見つからず、一度は「薬物疑惑」は棚上げになっていた。前後して、沢尻容疑者は当時の所属事務所を契約解除されたことで、「薬物疑惑」が再度クローズアップされる。

「11年頃からは、高城氏との関係が破綻。デザイナーと交際し、彼女の自宅で半同棲の生活を送っていた。するとこれまでのパリピのような生活からは一変。自宅で静かな暮らしを満喫するようになり、彼女の薬物疑惑はそのまま封印されることになりました」(ベテラン芸能記者)

 ところが、今年の夏になって「結婚直前」と言われていたデザイナーとも破局。一部では、「大河ドラマを控えて仕事に専念するために別れた」と報じられたが、実際には、かつてのような夜遊びを再開したことで愛想を尽かされたというのだ。社会部記者によれば、

「当局は入手ルートを、都内クラブの周辺人脈とみているようです。以前に元『KAT-TUN』の田中聖が渋谷で大麻取締法違反で逮捕されたケースもあり、この件との関連も視野に入れているそうです」

 当局の監視対象から外れた期間もあるが、10年間にわたる密着マークでついに逮捕に至ったのだ。

 元警視庁警部で長年薬物捜査に携わり、現在は再犯防止推進ジャーナル「NEXT GATE」の代表を務める蜂谷嘉治氏が語る。

「MDMAは別名『エクスタシー』と呼ばれるとおり、セックスドラッグとして濫用するケースと、心身に大きな負荷がかかることで、その疲れを紛らわすために使用されるケースがある。今回の沢尻さんの場合は後者が考えられるが、アブリや注射と違い、カプセルで簡単に摂取できるので軽く考えていたのでしょう。実際は、覚醒剤の成分が含まれていますから常習性が高く、きわめて危険なドラッグです」

 大河ドラマという仕事上のプレッシャーも指摘されるが、井筒監督も沢尻容疑者に対して猛省を促す。

「罪は罪として認めて処罰を受けるべき。合成麻薬がどれほどいいもんか悪いもんか知らないが、常習性のあるものならば、しっかり断ち切ってほしい。留置されている間も、しっかりその時間をかみしめて自分を見つめ直せ」

 はたして沢尻容疑者に恩師の言葉は届くのだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
坂口杏里、“顔だけなら坂道グループにいそう”自画自賛発言にネット民猛反発