女子アナ

「好きな女子アナ」ランキングで三田友梨佳がジャンプアップした「納得の理由」

 先頃、「ORICON NEWS」が毎年恒例となっている「好きな女子アナランキング」を発表した。

 16回目となる今回の首位は、前回の2位からランクアップとなった弘中綾香アナ(テレビ朝日)。以下、2位は女優業や写真集出版などの活躍ぶりで前回10位から返り咲いた田中みな実(フリー)、3位は首位から転落した有働由美子(同)となった。

 そんな中、目立った変動の一つといえば、前回の圏外から6位に急上昇した、フジテレビの三田友梨佳アナだろう。

「三田アナは、自身が担当するニュース番組で、女性暴行事件の加害者に『人として最低』などと怒りを露わにしたり、ハロウィン対策で渋谷区が1億円を投じ警備を強化したニュースを伝えた際も、『(ハロウィンには)大人たちがハメを外すような要素はまったくない』と、災害続きの中で多額な税金を注ぎ込まなければならない状況の日本のハロウィンのダメさをぶった斬るなど、思うままの気持ちをストレートに発言する局アナらしからぬ姿勢が、視聴者に好感を持たれているようです」(夕刊紙記者)

 一方で、プライベートでは、インスタにアップする自作のお弁当写真が“豪華すぎる!”と絶賛されるなど、その女性らしさでも評価がうなぎ登りなのだ。

「今や“お嫁さんにしたい”女子アナとしても人気の彼女ですが、13年から交際と破局を繰り返していたとされる西武ライオンズの金子侑司選手とは、結局17年に破局が伝えられて以降、そのままの状態。原因は、厳しい家柄からの反対によるものとも言われていますが、16年にフジ女子アナの大黒柱だった加藤綾子が抜けたことで、その後継という重責が回ってきたことも大きい。そうした環境での開き直りと自信が、ここへきて女子アナとしての実力を花開かせているのでしょう」(女子アナウオッチャー)

 あの自作のお弁当が、自分のものだけであることを祈りたいが…。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
2
テレ東・角谷暁子、ニットがキツそう!まん丸“お椀バスト”がまた進化!?
3
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
森川夕貴の“電撃婚”で弘中綾香の「円満独立プラン」が頓挫したワケ