芸能

宮迫&徳井擁護に批判!明石家さんまの無茶な“持論”展開に見える「イラ立ち」

 12月21日、「ヤングタウン土曜日」(MBSラジオ)に出演した明石家さんまの発言が、物議を醸している。

 パーソナリティーのさんまはこの日、ゲストの藤本美貴がYouTubeチャンネルを開設したという話を皮切りに、芸能人のYouTube進出について言及。「YouTubeがテレビの人間にとっては敵なんですよ」としながらも、周囲の芸人について「やっぱり今はYouTubeかっていうことで、そこで成功すればっていうのもあるからな」と、最近では一定の理解があることを示した。

 しかし、批判が殺到したのはここからだ。それぞれ闇営業問題と税金の申告漏れで謹慎中の雨上がり決死隊の宮迫博之とチュートリアルの徳井義実の名前を挙げ、「『テレビ出されへん』とか『まだ早い』とか復帰がどうのこうの言うけど、アイツらも生活があるから。その点はやっぱり、こっちは口出しできない」「『生活あるんです』言われたら、もうお前の好きなようにやれとかいうことになる」と、2人がYouTubeなどで生活費を稼ぐのなら仕方がないとしたうえで、「ネットで批判してる人らが、小遣い送ってあげてほしいねん」「『出んなボケ!』(復帰は)『早いわ!』とか偉そうに言ってるやついるんやったら、(ライブ配信サービスの)SHOWROOMみたいなやつに、100円でもええから『文句言うて100円』とか『悪口言うたら200円』とか決めといたらええねん」と、暗にトラブルを起こした2人への逆風に苦言を呈したのだ。

「これに《自業自得の2人なのにフォローする意味がわからない》《食えないなら仕事なんて他にもいろいろあるだろ》、さらに《最近のさんまはどんどんズレてる》とした指摘が殺到しているんです。吉本興業のゴタゴタから、さんまは後輩芸人を擁護する姿勢を貫いていますが、今回の発言でも最初はさんまなりのジョークと思い聴いていると、少々本気混じりのテンションで、ムリクリな持論を展開し批判を浴びる。謹慎中の芸人の状況が思うように進展しないことへのイラ立ちが垣間見えますね」(夕刊紙記者)

 そんなブーイングを浴びるさんまの姿は、あまり見たくないのだが。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ヒルナンデス!」野外ロケでアクシデント発生!直射日光がスケさせた井桁弘恵「白スカートの中身」
2
「クビ間近」コンビが消えた!大迷走「バス旅」番組が二転三転した舞台裏
3
加藤浩次と宮迫博之が大激論!「雨上がり解散」で蛍原を追い詰めた「アキレた内幕」
4
「有名人とヤリました」木下優樹菜がぶっちゃけたフジモン以外との「生々しい性事情」
5
阪神・井上ヘッド「来季は中日に電撃入閣」で示された「ある条件」とは?