社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<ストレートネック>「一度形成されると簡単に元には戻らない」

 スマホの使用や長時間のデスクワークで、本来なら首が湾曲しているのに、まっすぐになってしまう「ストレートネック」に悩む人が増えている。

 そもそも人間の頭は重く、成人で体重の約10%と言われている。頸椎(首の骨)は、30~40度で緩やかに湾曲しており、頭の重さの耐圧を分散させることによって、体全体でバランスよく支えている。ところが、長い間の姿勢の崩れや頸椎の疲労などによって、ストレートネックが発症する。すると、本来は体全体で支えていた頭の重さが首だけに集中してしまい、首周りの筋肉や神経に大きな負担を与えてしまう。

 そのため、首から肩にかけての筋肉が緊張して血流が悪くなり、慢性的な首の痛みや肩凝りなどの症状が現れる。さらに症状が悪化すると、首の神経の圧迫によって、頭痛や手足のしびれ、めまい、吐き気などを引き起こしてしまう。

 特に現代人は、肩凝りや首の疲れがある状態が当たり前になりつつある。そのため不調になかなか気づかず、手足のしびれの症状が出て初めて、整形外科を受診するケースも多い。

 治療方法としては、電気治療やマッサージ、整体、首の牽引など、さまざまなものがある。症状がひどくなれば、筋肉の緊張を緩める薬を内服したり、末梢性神経障害の治療に広く用いられるビタミンB12(メチコバール)などを内服したりするケースもある。重症の場合には、外科的処置が必要になることも。

 ストレートネックは長い時間をかけて形成されるので、一度なってしまうと、簡単には元に戻らない。日頃からの姿勢の見直しが特に重要になってくる。また、パソコンやスマホを使用する際には、10分程度休憩を挟むようにするのがベスト。デスクと椅子の高さのバランスや、枕の高さなどを見直してみるのも有効だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
磯山さやか、志村けんへの「追悼メッセージ」が絶賛を浴びたポイントとは?
2
ナゼ!?志村けん死去で米津玄師「Lemon」MVのコメント欄が荒れるワケ
3
3密どころか夜の人数は3桁!カトパン似女芸人に男たちが「イチかバチか懇願」
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
緊急事態宣言で「客が押し寄せるカラオケ店」があった!?