政治

歴代総理の胆力「田中角栄」(2)「短命政権」と「闇将軍」

 政権を執った田中角栄は、早々と「決断と実行」ぶりを実践して見せた。「日本列島改造計画」「日中国交正常化」実現へ向けての“二刀流”である。

 田中政権2年余、「改造計画」は立ち上がったが、折から中東戦争による第2次石油危機に見舞われたことで、インフレを引き起こし、結局はこの物価高騰が計画の足を引っ張り、政権の勢いを殺ぐ結果となった。

 しかし、一方で歴史的な「日中国交正常化」は台湾問題、対日賠償請求権問題など困難が多々あったが、周到な事前の根回しもあり、政権発足からわずか2カ月余で両国の共同声明調印式まで持っていった。田中は交渉で北京に向かう前、秘書の佐藤昭子にこう語ったとされている。

「日本国の総理大臣として行くんだから、土下座外交は絶対にしない。国益を最優先に向こうと丁々発止をやる。いよいよとなったら決裂するかも知れんが、その責任はすべてオレがかぶるつもりだ」

 やがて世界有数の経済大国になること必至と読んでの中国との国交正常化へ向けての、それまでの米国一辺倒外交からの脱却にわが国の将来を模索、併せて政治生命を賭けての訪中だったことがわかるのである。

 こうした田中政権ではあったが、好事魔多し、突然のスキャンダルに見舞われることになる。

 月刊誌『文藝春秋』により、それまでの金脈・女性問題に関する不明瞭さを暴露され、結局はこれを機に政権の座を追われることになった。「短命政権」への“引導”である。次いで、わずかその1年余り後に、今度はロッキード事件が表面化、これに連座したカドで逮捕、起訴、「総理大臣の犯罪」として問われることになっている。

 しかし、これだけのスキャンダルを背負えば、並の政治家なら、二度と権力に近寄ることなどはできない。だが、田中だけは“別格”だった。

 総理退陣直後はともかく、その後の大平正芳、鈴木善幸、中曽根康弘の各政権に影響力を発揮、「闇将軍」とのカゲ口もなんのその、不死鳥のように権力の場に舞い戻るのである。

 その背景、源泉はどこにあったのか。

■田中角栄の略歴

大正7(1918)年5月4日、新潟県生まれ。二田(ふただ)尋常高等小学校卒業後、16歳で上京。復員後、田中土建工業設立。昭和47(1972)年7月内閣組織。総理就任時54歳。日中国交正常化を実現。「ロッキード事件」で逮捕。最高裁上告中の平成5(1993)年12月16日、死去。享年75。

総理大臣歴:第64~65代 1972年7月7日~1974年12月9日

小林吉弥(こばやし・きちや)政治評論家。昭和16年(1941)8月26日、東京都生まれ。永田町取材歴50年を通じて抜群の確度を誇る政局分析や選挙分析には定評がある。田中角栄人物研究の第一人者で、著書多数。

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
伊藤健太郎「ガールズバー泥酔大放言」を実況
2
和久田麻由子“独り生活”の淋しさが溢れ出る?ただ今フェロモン大放出中!
3
“土手スジ”が映った!?阿部華也子、スキャンダル危機も放送事故でファン激増!
4
Gカップはどこへ?夏菜、最新ショットで急浮上した衝撃の「バスト縮小」疑惑!
5
「Gバスト」森咲智美、激艶ソロキャンプ動画に「違うカップを想像」声とは?