スポーツ

「明るくなった」藤浪晋太郎と斎藤佑樹、“復活”が見えてきた「共通の理由」!

 一人で悩み込むのはよろしくないということか…。

 2月9日、阪神と北海道日本ハムが練習試合を行った。その先発マウンドを任されたのが、甲子園の元優勝投手同士。阪神・藤浪晋太郎と日本ハム・斎藤佑樹がともに“満点ではないが、次回もチャンスをもらえそうな結果”を出したのだ。

「ともに無失点。藤浪は四球も出し、ボールカウント先行の苦しいところもあり、阪神首脳陣はもうしばらく様子を見るようです。一方の斎藤は先発でしたが、他の日本ハム投手陣の顔ぶれを見ると、先発ローテーションを争わせるのではなく、中継ぎだと思われます」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、両投手とも予定のイニング数を投げ終えたあとの表情が明るかった。特に斎藤は「藤浪との投げ合いについて」という、直接関係のない質問に対しても、「とても刺激になる。投げ合えたことが良かった」と、饒舌に答えていたほどだ。

「藤浪もゼロに抑えたからか、記者団の質問にはしっかり答えていました。近年、気難しい表情でいることが多かったのですが…」(在阪記者)

 両投手の変貌した理由は「結果が良かったから」に尽きるが、こんな見方もされていた。「一人で抱え込まなくなった」と──。

「藤浪が昨秋より臨時コーチを務めている山本昌氏に心酔しているのは説明するまでもありません。斎藤も今季からチームに復帰した武田勝コーチの言うことに耳を傾けています」(前出・スポーツ紙記者)

 藤浪、斎藤ともに不振に陥ってからの時間が長い。藤浪は二軍調整中、ファーム戦に投げるかどうかはすべて自己申告となり、二軍コーチも少し距離を置いていた。斎藤もそうだ。自身の投球フォームにこだわりがあるせいか、「孤高の」雰囲気をいつも醸し出していた。しかし、武田コーチは斎藤に話しかけ、助言を送り続けた。斎藤も逆に質問する場面もあり、藤浪に関しても、「山本氏とのファーストコンタクトは、藤浪のほうから話しかけたもの」だったそうだ。

「藤浪、斎藤ともに、周りから聞こえてくるのは“明るくなった”ということで一致しています」(ベテラン記者)

 不振に陥ったあと、両投手とも悩んでいた。そして、その悩みを自分で抱え込んでいた。さらに言えば、「甲子園の優勝投手」という輝かしい経歴が、どうしても邪魔をしていたのかもしれない。過去の経歴は通用しないことを肌身に沁みて理解し、「良き相談相手」を得たことで自分を変えた両投手にようやく復活の兆しが見えてきた。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
2
テレ東・田中瞳、「WBS」生放送中に映りこんじゃった!?スカートの奥の奥
3
「着飾る恋」川口春奈&横浜流星の「マッパ温泉シーン」で苦情が飛び交ったワケ
4
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
5
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”