スポーツ

「明るくなった」藤浪晋太郎と斎藤佑樹、“復活”が見えてきた「共通の理由」!

 一人で悩み込むのはよろしくないということか…。

 2月9日、阪神と北海道日本ハムが練習試合を行った。その先発マウンドを任されたのが、甲子園の元優勝投手同士。阪神・藤浪晋太郎と日本ハム・斎藤佑樹がともに“満点ではないが、次回もチャンスをもらえそうな結果”を出したのだ。

「ともに無失点。藤浪は四球も出し、ボールカウント先行の苦しいところもあり、阪神首脳陣はもうしばらく様子を見るようです。一方の斎藤は先発でしたが、他の日本ハム投手陣の顔ぶれを見ると、先発ローテーションを争わせるのではなく、中継ぎだと思われます」(スポーツ紙記者)

 とはいえ、両投手とも予定のイニング数を投げ終えたあとの表情が明るかった。特に斎藤は「藤浪との投げ合いについて」という、直接関係のない質問に対しても、「とても刺激になる。投げ合えたことが良かった」と、饒舌に答えていたほどだ。

「藤浪もゼロに抑えたからか、記者団の質問にはしっかり答えていました。近年、気難しい表情でいることが多かったのですが…」(在阪記者)

 両投手の変貌した理由は「結果が良かったから」に尽きるが、こんな見方もされていた。「一人で抱え込まなくなった」と──。

「藤浪が昨秋より臨時コーチを務めている山本昌氏に心酔しているのは説明するまでもありません。斎藤も今季からチームに復帰した武田勝コーチの言うことに耳を傾けています」(前出・スポーツ紙記者)

 藤浪、斎藤ともに不振に陥ってからの時間が長い。藤浪は二軍調整中、ファーム戦に投げるかどうかはすべて自己申告となり、二軍コーチも少し距離を置いていた。斎藤もそうだ。自身の投球フォームにこだわりがあるせいか、「孤高の」雰囲気をいつも醸し出していた。しかし、武田コーチは斎藤に話しかけ、助言を送り続けた。斎藤も逆に質問する場面もあり、藤浪に関しても、「山本氏とのファーストコンタクトは、藤浪のほうから話しかけたもの」だったそうだ。

「藤浪、斎藤ともに、周りから聞こえてくるのは“明るくなった”ということで一致しています」(ベテラン記者)

 不振に陥ったあと、両投手とも悩んでいた。そして、その悩みを自分で抱え込んでいた。さらに言えば、「甲子園の優勝投手」という輝かしい経歴が、どうしても邪魔をしていたのかもしれない。過去の経歴は通用しないことを肌身に沁みて理解し、「良き相談相手」を得たことで自分を変えた両投手にようやく復活の兆しが見えてきた。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)