スポーツ

大魔神・佐々木が武豊を乗せない“禁”呪縛(1)競馬場では師匠とベッタリ

 野球界を制した男は競馬界も制す。マウンドからターフへと活動の場を移し、悲願のGIタイトルも獲得。今、最もノッている馬主といえば、あの大魔神である。だが、順風満帆に見える馬主人生の陰には、天才騎手を巡る苦悩と呪縛があった。

「今は野球界の人間ではなく、競馬界の人間です」

 日本ダービー翌日の5月27日、都内のホテルで開催された、さる競馬雑誌主催の懇親会で、佐々木主浩氏(45)はこう演説した。言わずと知れた、横浜ベイスターズ(大洋ホエールズ)、シアトルマリナーズで日米通算381セーブを記録した、あの大魔神である。懇親会に出席した競馬ライターの平松さとし氏が言う。

「ライターやJRA職員など参加者は100人ほどで、佐々木氏の他にアンカツさん(安藤勝己元騎手)もおられました。皆、口をそろえて『佐々木さんのような人に競馬界を盛り上げてほしい』と言っていましたね」

 佐々木氏といえば、5月12日のヴィクトリアマイルでGI初勝利を手にして勢いづく馬主。勝ったヴィルシーナ(牝4歳)は昨年の桜花賞、オークス、秋華賞、エリザベス女王杯で全て2着と苦杯をなめ、5度目のGI挑戦でついに悲願を達成した。ハマの大魔神が今や“ウマの大魔神”となって君臨しているのだ。

 ひるがえってターフに君臨するスター騎手といえば、やはり武豊(44)を置いて他にいない。今年の日本ダービーでは1番人気キズナに騎乗し、5度目の同レース制覇。近年は不振が続くとはいえ、競馬界に武豊あり、をあらためて知らしめたレースだった。

 この同世代の超有名スター2人がタッグを組めば、先の懇親会参加者の言ではないが、大きな話題となることに疑いの余地はない。ところが意外にも、佐々木氏が馬主となった06年から現在まで、その所有馬に武が乗ったことは一度もないのだ。

「佐々木氏が競馬界に参入したのは、アドマイヤの冠名で知られる大馬主、近藤利一氏(70)の協力があってこそでした。その近藤氏と武との関係が、佐々木氏と武の間に影を落としているのです」

 表情を曇らせてこう語るのはJRA関係者である。

 佐々木氏が06年に最初に所有した馬は、道営競馬のミスターフォーク。その頃、とある寿司店で近藤氏と知り合い、同氏に誘われる形で07年に中央競馬に馬主として参入することになったという。そして近藤氏との共同名義で持ったのがアドマイヤマジンだった。

「持ち分は佐々木氏10%、近藤氏が90%だったと聞きました」(馬産地関係者)

 そして先のJRA関係者は2人の急接近ぶりについて、次のように話すのだ。

「佐々木氏が競馬場に出入りし始めた頃は、近藤氏にベッタリでしたね。牧場関係者や調教師などを紹介したのは全て近藤氏。セレクトセールでも佐々木氏は、馬の見方などを近藤氏から教わりました」

 09年のセレクトセールで佐々木氏は、みずからが社長を務める会社「Sアールコーポレーション」名義で「フサイチパンドラの09」を7800万円で落札。これが現在のスペルヴィア(牡4歳・1000万下)なのだが、

「エスアールのエス=佐々木のS、アール=利一のRだそうです。それほど2人は親しいということ。『アクの強い近藤氏に連れ回されていて大丈夫なのか』といぶかる人も競馬サークルにはいましたけどね‥‥」(専門紙トラックマン)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石田ゆり子が結婚できない理由はペットにあらず!本当の原因は別だった?
2
千眼美子、台湾で見せた「肉体の激艶変化」に男性ファンが騒然!
3
常盤貴子、美麗ドレス姿の“クビレ”に称賛の嵐も胸に「ある疑惑」が急浮上!
4
中山美穂、49歳の「不貞ベッドシーン」挑戦に“肉食本性”炸裂を期待する声!
5
田中みな実、“ワイヤー入りの胸用肌着を使用”でロケット胸強調が加速!