社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<花粉症>「治療薬が保険適用外!?午後1~3時がヤバイ」

 花粉シーズンが到来。耳鼻科を受診しなければ‥‥と慌てている人もいるだろう。

 近年、スギ花粉症の患者数が落ち着いてきている一方で、ヒノキ花粉症の患者数は年々増加している。ヒノキ科はスギ花粉と共通の抗原性があるために、スギ花粉症がある人はヒノキの花粉にも注意が必要なのだ。

 日本気象協会の予測によると、スギ花粉のピークは、東京では2月下旬から3月下旬だが、ヒノキ花粉のピークは4月上旬から下旬まで。長期の対策が肝心だ。

 気になるトピックは、昨年8月、健康保険組合連合会が「花粉症治療薬の一部を健康保険の適用対象外にするべき」という提言を発表したこと。急増する医療費抑制のため、医療機関で処方される花粉症のうち、アレグラやアレジオンなどと市販薬(スイッチOTC医薬品)で代用できる薬は、保険適用外にしようとしているのだが、現状では何も決まっていない。

 花粉症対策で有効なのは、まず「花粉を浴びないこと」だ。花粉飛散量が特に多い「雨上がりで天気がよく、風が強い日」は外出を控えることが重要。外出する場合は、花粉が多く飛ぶ午後1時~3時頃はできるだけ避けたほうがベスト。さらに、マスクや帽子、メガネで花粉の侵入を防ぎ、帰宅したら上着についた花粉をしっかり払い落とそう。

 家の中に花粉を持ち込まない状況を作るくふうも大切だ。例えば、コートやカバンなどは寝室に持ち込まず、寝室の窓も開けないこと。空気清浄機や加湿器を利用するのも有効である。

 万全の対策をしても発症した場合は緩和策として、体を冷やす食べ物や飲み物を摂らない、刺激物や脂っこい食べ物を避ける、水泳やヨガなどの適度な運動、お風呂にゆっくり入ることが有効になってくる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
4
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
5
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?