社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<花粉症>「治療薬が保険適用外!?午後1~3時がヤバイ」

 花粉シーズンが到来。耳鼻科を受診しなければ‥‥と慌てている人もいるだろう。

 近年、スギ花粉症の患者数が落ち着いてきている一方で、ヒノキ花粉症の患者数は年々増加している。ヒノキ科はスギ花粉と共通の抗原性があるために、スギ花粉症がある人はヒノキの花粉にも注意が必要なのだ。

 日本気象協会の予測によると、スギ花粉のピークは、東京では2月下旬から3月下旬だが、ヒノキ花粉のピークは4月上旬から下旬まで。長期の対策が肝心だ。

 気になるトピックは、昨年8月、健康保険組合連合会が「花粉症治療薬の一部を健康保険の適用対象外にするべき」という提言を発表したこと。急増する医療費抑制のため、医療機関で処方される花粉症のうち、アレグラやアレジオンなどと市販薬(スイッチOTC医薬品)で代用できる薬は、保険適用外にしようとしているのだが、現状では何も決まっていない。

 花粉症対策で有効なのは、まず「花粉を浴びないこと」だ。花粉飛散量が特に多い「雨上がりで天気がよく、風が強い日」は外出を控えることが重要。外出する場合は、花粉が多く飛ぶ午後1時~3時頃はできるだけ避けたほうがベスト。さらに、マスクや帽子、メガネで花粉の侵入を防ぎ、帰宅したら上着についた花粉をしっかり払い落とそう。

 家の中に花粉を持ち込まない状況を作るくふうも大切だ。例えば、コートやカバンなどは寝室に持ち込まず、寝室の窓も開けないこと。空気清浄機や加湿器を利用するのも有効である。

 万全の対策をしても発症した場合は緩和策として、体を冷やす食べ物や飲み物を摂らない、刺激物や脂っこい食べ物を避ける、水泳やヨガなどの適度な運動、お風呂にゆっくり入ることが有効になってくる。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
水着がズレて中が「全見え」!グラビア界の新生・寺本莉緒の「事故映像」が“お宝”になるワケ
2
千眼美子が最新映画で“萌えコスプレ”を披露!似合いすぎと大絶賛
3
主婦は猛反発!?石田ゆり子“食料買い占め”苦言は「仕事に支障」ギリギリの線か
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
スジ見えた?岡副麻希「めざまし」卒業日も見せてくれた美ヒップ体操の爪痕