芸能

「昔のエンクミ」知らぬ人も感動!遠藤久美子、「薄幸演技」に「泣けた!」称賛の嵐

 去る3月11日に最終回を迎えた吉高由里子主演ドラマ「知らなくていいコト」(日本テレビ系)の2月26日放送分の第8話で、ゲスト出演した遠藤久美子の「存在感」に注目が集まっている。

 同回は吉高演じる週刊誌記者・真壁ケイトの出生の秘密をライバル誌にリークしたケイトの元婚約者・野中春樹(重岡大毅)=ジャニーズWEST=にケイトの元カレ・尾高由一郎(柄本佑)が激昂。流血するほどのパンチを受けた野中が不敵の笑みを見せるシーンや、ケイトの秘密を知り動揺する会社の同僚を、短い言葉で納得させ、ケイトが今まで通りに仕事ができるような対応へと導いた「週刊イースト」の編集長に扮する佐々木蔵之介の頼りがいある上司役を賛美する声も多かった。

 そんな中で、さらに〈とても泣けた…〉と、いくつものドラマ感想サイトで話題にあがっていたのが、ゲスト出演した、タレントで女優の遠藤久美子の演技だ。

「与党議員の汚職の罪をすべてかぶる形で自死した秘書の残された妻という役どころでした。ケイトが秘書は議員に『トカゲの尻尾切り』されたのではないかという疑惑を取材するのですが、初めは犯罪者の妻だと思い込み心を開かずにいたという、影のある難しい役どころでした」(芸能記者)

 ケイトが実は、秘書は命がけで家族を守ろうとしていたという事実をスクープする、という展開だったが、ネット上には遠藤の演技への反応が続々。例えば、〈あの秘書官の奥さんはエンクミさんでしたかぁ!落ち着いたいい感じの女性になられましたね。素敵です〉〈久々に見たけどキレイだし、何よりもいい芝居をなさった!!〉〈理不尽な死を遂げた政界に身を置いていた男の妻らしい立ち位置や覚悟を決めた時の凛とした表情。その佇まいで彼女の歩んできた過去もなんとなく想像できちゃうよ〉といったふうに、まさに称賛の嵐だった。

「一方で、《自死した秘書の奥様が素敵でした》に見られるように、ショートカットがトレードマークの元気でサバサバとした性格が人気のタレントとしてひっぱりだこだった10~20代の頃の彼女を知らない世代もたくさんいた様子ですね。現在41歳となった遠藤は本格的な女優業に専念するため、12年から長澤まさみや上白石萌音&萌歌らが所属する東宝芸能に籍をおいています。16年には映画監督の横尾初喜氏と結婚しています」(アイドルウオッチャー)

 今後は、女優としての“エンクミ”の大人びた笑顔を観る機会も増えそうだ。

(島花鈴)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
2
綾瀬はるか、韓国人俳優との熱愛報道に飛び交う「ヘイトコメント」の下劣!
3
フジ・内田嶺衣奈 CM中も「イボ隠し」に躍起で局内ブーイング
4
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚
5
「エイベックス松浦会長の離婚」&「浜崎あゆみ極秘出産」が“意味すること”