芸能

広瀬すず・深田恭子…有名美女10人が「大人の魅力」磨く「肉体改造」現場とは?

 主演映画「一度死んでみた」(松竹)が公開中の広瀬すず。映画評論家の秋本鉄次氏いわく、

「コメディエンヌ・広瀬すずの新たな一面がうかがえる作品です。デスメタルバンドのシンガーという役柄で、暴漢にハイキックをお見舞いするなどアクションシーンもあり、広瀬の運動神経の良さがよく伝わりましたね」

 このアクティブな演技に一役買っているのが、実は始めて3年近くになるという、キックボクシングジム通いだ。ジム関係者にこっそり話を聞いた。

「広瀬さんは打撃の“当て感”が良くセンス抜群。本人もやってるうちに楽しくなったみたいで、ずっと続いています。ここだけの話、普通の上半身用肌着型のスポーツウエアでは激しくバストが揺れ、本人も周囲も気になるので、サンドバッグを打つ時などはサラシのような押さえつける補正肌着を着用するようになったようです」

 近ごろはキックだけでなく、著名人の会員も多い有名ブラジリアン柔術の道場にも出入りするようになったというから驚きだ。

「寝技の修練に余念がないみたいです(笑)。得意技は腕絡みからの腕ひしぎ十字固め。技をかけられた側の腕が、かけた側の股の間や胸に当たるので、『実験台になりたい!』と言うスタッフもいます」(道場会員)

 男女が入り乱れた寝技トレーニングの副産物として“オトナの魅力”が開花した、と業界内外では評判だ。

 3月24日発売の「週刊アサヒ芸能」4月2日号では、芸能美女の肉体改造現場に肉薄。「結婚間近」と噂される深田恭子をはじめ、 石田ゆり子や小島瑠璃子、石原さとみら10人の人気タレントのボディの秘密に迫っている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!