スポーツ

原巨人・育成外国人投手“緊急昇格”が浮き彫りにした苦しい投手事情

 3月31日、巨人がナティーノ・ディプラン投手の支配下登録を発表した。今季、育成枠からの昇格はイスラエル・モタに続いて早くも2人目となる。

 ディプランは3月28日にファームで行われた紅白戦では5イニングを投げ2失点と内容もイマイチだった。その際、一部メディアに答えた「もう一度話をして決めようということになっています」という原辰徳監督の言葉から「支配下登録は見送り」と目されていたが、急展開の逆転劇である。

「先発ローテーションを託す面々に不安があるからでしょう。新加入のサンチェスの調子は上がって来ないし、故障で出遅れたメルセデスにはスタミナ不足の弱点がありますからね」(スポーツ紙記者)

 昇格の会見で原監督は「伸びしろ」という言葉を使っており、今後、ディプランは二軍で調整を続けていくことになりそうだ。過去、巨人の育成選手は「支配下登録=一軍レベル」の厳しい条件を課されていた。しかし、それは日本人選手に対してのこと。規定では、26歳以上の外国人選手を育成から支配下に登録できるのは3月末までとなっており、今回の昇格はディプランが“伸びしろ”を感じさせる力を発揮したことに備えてのことだったようだ。

「当然ながら、育成選手は一軍戦には出場できません。ディプランも一軍戦に出られるようにしたところに、投手陣に対する首脳陣の不安がうかがえます。ディプランは67人目の支配下選手となり、昇格させることができる枠は、あと3人。当初は沼田翔平、與那原大剛の両投手が先に昇格すると予想されていましたが、やはり26歳以上の外国人選手に関する規定があったので順番が入れ代わったのでしょう。沼田、與那原を昇格させても、あと1人登録が可能ですしね」(前出・スポーツ紙記者)

 最後の1人には、新たな外国人投手の緊急獲得を予想する声も。ペナントレースはまだ開幕戦の日程すら決められないが、この長すぎた待機時間が原巨人の今季の弱点を改めて浮き彫りにさせたようだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
宮迫博之が明かした島田紳助のテレビでは見せなかった“ア然”エピソード
2
手越祐也「芸能活動休止」で「中村倫也に熱視線!」の理由
3
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
4
岡副麻希を圧倒!田中理恵が見せた“ボディ真っ二つ”前屈の貫禄と“色香”
5
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!