社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<変形性ひざ関節症>「『軟骨が原因』は大間違い。脚の筋肉を鍛えよう」

 中高年に多い「ひざの痛み」。加齢でひざが痛くなるのは「軟骨のすり減りが原因」と考えられているが、実は間違っている。軟骨はガラスのような物質で、すり減っても痛みを引き起こすわけではない。

 痛みの原因は膝関節の「半月板」にある。大腿骨と脛骨の軟骨の間にある半月板がクッションの役割を果たすが、加齢で軟骨がすり減ると、軟骨と半月板の形が合わなくなることで、半月板が割れてしまうのだ。

 この「変形性ひざ関節症」により、割れた半月板の破片が、体重がかかることで横に押し出され、神経や血管の通る靱帯を圧迫するために痛みが生じる。進行するとひざの内側の骨が潰れ、O脚になることも多い。

 加齢以外にも、肥満、脚の筋肉の衰えも原因としてある。脚の筋肉を鍛えている人は、かかとが地面に着く瞬間に太腿の筋肉が収縮してひざを持ち上げ、衝撃を和らげてくれるため問題はない。筋肉がサポーター代わりをして、歩行時などのひざへの負担を軽減してくれるのだ。ひざ痛の予防・改善には、脚の筋肉を鍛えることが重要なのである。

 治療法としては、初期には消炎鎮痛剤の使用や、肥満の改善、筋力訓練やストレッチなどの運動療法、温熱療法、ヒアルロン酸の関節内注射などがある。

 整形外科では再生医療「PRP」(血小板血漿(けっしょう))の治療を受けられることもある。これは、血液から血小板の中の傷を治す成長因子を取り出し、数を増やして体内に戻す治療法だ。ただし、PRP自体は痛み止めでも軟骨を作るわけでもなく、効果そのものも運動している人のほうが高い。

 変形がひどい場合の治療としては「人工関節置換術」がある。現在では「疼痛対策」として局所麻酔の「神経ブロック」を導入する施設も増えているので、手術を検討する場合には、調べておくことをお勧めしたい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(1)本田翼は楽屋での毒づきが…
2
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(3)『ギャル枠』はみちょぱの一人勝ち
3
成績不振、高額年俸、素行不良…「芸能界“戦力外通告”」(2)結果が出せない宇垣美里
4
「バス旅」太川陽介を唸らせる河合郁人の活躍で川崎麻世に不要論!
5
浅田舞“Eカップ”くっきり“宅トレ”番組が朝から際ど過ぎた!