芸能

志村けんとは切っても切れないサザンのデビュー曲誕生秘話と“名シーン”

 サザンオールスターズの桑田佳祐が4月4日放送のラジオ「桑田佳祐のやさしい夜遊び」(TOKYO FM)で、新型コロナウイルスによる肺炎で亡くなった志村けんさんを追悼。デビュー曲「勝手にシンドバッド」が志村さんのコントのマネであることを明かし、ネット上では驚きの声が上がっている。

 リスナーから志村さんとの思い出を聞かれると、桑田は「サザンのデビュー曲は『勝手にシンドバッド』って言うんですけど」と語り始め、「沢田研二さんの『勝手にしやがれ』とピンクレディーさんの『渚のシンドバッド』をくっつけたんですが、このタイトルはいかにもボクのオリジナルみたいんなんですけど、しらばっくれてたんですけど、これ志村けんさんなんですよ」と明らかにしたのだ。

 桑田によれば、「8時だョ!全員集合」(TBS系)の人気企画「少年少女合唱団」の中で、志村さんが「勝手にしやがれ」と「渚のシンドバッド」をごちゃまぜにして踊るネタがあり、ネタ中に志村さんが「勝手にシンドバッド」と言っていたことを強烈に覚えていたそうで、「曲ができた時に志村けんさんが言っていたアレにしちゃおうと。しらばっくれてデビューしちゃったんですよ」と「パクりのパクり」であると発言し、「志村けんさんがいなければ我々も表舞台に出てきていないと思います」と感謝した。

 これにネット上では、《サザンがデビューした時、「志村けんのやつじゃん」って子供ながらに思ってたけど、本当に志村さんのネタから拝借していたのか》〈昔からのサザンファンなんで知ってましたけど、改めて志村さんの偉大さを感じるエピソード〉〈ありとあらゆるジャンルの人々に影響を及ぼした志村さんはやっぱり唯一無二の天才としか言いようがない〉といった声が上がっていた。

「実はサザンはデビューした78年に『少年少女合唱団』に出演し、『勝手にシンドバッド』をワンフレーズだけ披露しているんです。そこに志村さんが『ちょっとちょっと!』と割り込んできて、『今の「勝手にシンドバッド」っての、オレが最初にやったんだよ』と猛アピール。いかりや長介さんが『原作はお前か。じゃあ、こっちは盗作か!』と桑田にツッコミを入れ、志村さんが元ネタを披露するというシーンがあったんです」(芸能ライター)

 志村さんの存在があってこそ、サザンはビッグになれたのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策