社会

緊急事態宣言も予言?注目度急上昇の“感染”題材の小説&映画が鳥肌モノ!

 新型コロナウイルスの蔓延により緊急事態宣言が発令された4月7日。「事実は小説よりも奇なり」と口にする人も増えているが、その一方で伝染病の蔓延をテーマにした小説もまた人々の注目を集めているようだ。

 Amazonのランキングではカミュが1947年に著した「ペスト」が2位に、1964年に小松左京が発表した「復活の日」が56位にランクイン。1995年にジョゼ・サラマーゴが発表した「白の闇」は失明に至る伝染病をテーマにしており、まだランクインには及ばないものの3月5日に文庫版が発売されている。そしてわずか10年前に書かれた高嶋哲夫の「首都感染」も13位と広く読まれているのである。

「この『首都感染』では中国で強毒性インフルエンザが出現し、首相が東京封鎖を決断するという内容がまさに現在のコロナ禍を予言しているとして、大きな注目を集めています。しかも同書が刊行された翌年には、その映像版とも言える映画が制作され、そちらはさらに予言性が高いと、これまた話題になっているのです」

 その作品とはNetflixで配信されているパニック映画の「コンテイジョン」だ。“伝染”を意味するタイトルの本作は、香港でコウモリを感染源とする謎のウイルスが発生したというストーリー。前出の「首都感染」でもウイルスの発生源を中国に設定しており、時代設定の近さが正確性を担保しているといえるかもしれない。

 詳しいストーリーはネタバレになるため伏せるが、「コンテイジョン」にはWHOの職員が登場するなど、その内容はまるで9年後の現在を見てきたかのようなトレースぶり。すでにNetflixの映画ランキングでは1位となっており、「すごいからあなたも観たほうがいい」と力説する人も多いという。

「これらの作品に対して、同じく感染爆発を素材にした1995年のハリウッド映画『アウトブレイク』は、アフリカから密輸されたサルを感染源とする伝染病がアメリカで広まるというもの。これがエボラ出血熱をイメージしているのは明らかで、90年代当時には《未知のウイルスは未開の地からやってくる》という共通認識があったのかもしれません。それこそ『復活の日』では宇宙空間で採取された未知のウイルスにより人類が滅亡しますし、時代を経るごとに感染源はより身近な国々へと移り変わってきたようです」(映画ライター)

 そしてついに日本でロックダウンが実行された今日、もはや事実を超える伝染病小説を書くのは難しくなってしまったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
香川照之と長谷川博己が一触即発?「小さな巨人」現場が険悪ムードなワケ
4
「別の理由があった」今でも銀座で囁かれる香川照之「性加害事件の深い闇」
5
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…