社会

緊急事態宣言も予言?注目度急上昇の“感染”題材の小説&映画が鳥肌モノ!

 新型コロナウイルスの蔓延により緊急事態宣言が発令された4月7日。「事実は小説よりも奇なり」と口にする人も増えているが、その一方で伝染病の蔓延をテーマにした小説もまた人々の注目を集めているようだ。

 Amazonのランキングではカミュが1947年に著した「ペスト」が2位に、1964年に小松左京が発表した「復活の日」が56位にランクイン。1995年にジョゼ・サラマーゴが発表した「白の闇」は失明に至る伝染病をテーマにしており、まだランクインには及ばないものの3月5日に文庫版が発売されている。そしてわずか10年前に書かれた高嶋哲夫の「首都感染」も13位と広く読まれているのである。

「この『首都感染』では中国で強毒性インフルエンザが出現し、首相が東京封鎖を決断するという内容がまさに現在のコロナ禍を予言しているとして、大きな注目を集めています。しかも同書が刊行された翌年には、その映像版とも言える映画が制作され、そちらはさらに予言性が高いと、これまた話題になっているのです」

 その作品とはNetflixで配信されているパニック映画の「コンテイジョン」だ。“伝染”を意味するタイトルの本作は、香港でコウモリを感染源とする謎のウイルスが発生したというストーリー。前出の「首都感染」でもウイルスの発生源を中国に設定しており、時代設定の近さが正確性を担保しているといえるかもしれない。

 詳しいストーリーはネタバレになるため伏せるが、「コンテイジョン」にはWHOの職員が登場するなど、その内容はまるで9年後の現在を見てきたかのようなトレースぶり。すでにNetflixの映画ランキングでは1位となっており、「すごいからあなたも観たほうがいい」と力説する人も多いという。

「これらの作品に対して、同じく感染爆発を素材にした1995年のハリウッド映画『アウトブレイク』は、アフリカから密輸されたサルを感染源とする伝染病がアメリカで広まるというもの。これがエボラ出血熱をイメージしているのは明らかで、90年代当時には《未知のウイルスは未開の地からやってくる》という共通認識があったのかもしれません。それこそ『復活の日』では宇宙空間で採取された未知のウイルスにより人類が滅亡しますし、時代を経るごとに感染源はより身近な国々へと移り変わってきたようです」(映画ライター)

 そしてついに日本でロックダウンが実行された今日、もはや事実を超える伝染病小説を書くのは難しくなってしまったのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
太川陽介、「バス旅でわがままマドンナを夜に慰めていた」秘話を激白!
2
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
3
朝ドラ「おちょやん」初回から視聴率イマイチで今後も心配の“致命点”
4
瀧内公美、ドラマ「共演NG」「恋する母たち」より見たい完脱ぎ映画3作品!
5
ASKAがツイッターで突然の“ご乱心”!?一般人にからむ「謎発言」連発の怪