スポーツ

楽天「優勝一直線で仙台にカネの雨が降る」(3)瞬発力がなくなった星野監督

 チームを率いる星野監督はどうか。今季に入って、選手に対する“鉄拳制裁”や“恫喝現場”はすっかり見かけられなくなった。

 前出のスポーツライターが話す。

「昨季は、ヘッドコーチを務めていた盟友の田淵幸一氏(66)と一軍打撃コーチだった大久保博元氏(46)が対立してベンチの雰囲気が悪化。そこで田淵さんが辞め、デーブが二軍監督になった。雰囲気の悪さは解消されたが、話し相手の田淵さんがいなくなって、明らかに星野さんの口数が減りました」

 それだけではない。前出の楽天関係者はこう指摘する。

「あるベテラン選手は、『最近、星野さんがカッとなって瞬間的に手や足が出ることが少なくなった』と話していた。6月27日の対西武戦での乱闘シーンでも、怒りのあまり渡辺久信監督(47)の胸ぐらをつかみに行こうとしたが、スピードが遅く、みごとにすかされていた。『以前の瞬間湯沸かし器のような瞬発力がなくなっている。監督も年を取ったってことですかね』と、選手も感慨深げでした」

 もはや、かつての星野監督の専売特許だった「怒りのパフォーマンス」は見られないということなのか。

 さらにこんな話もある。

「星野監督が“今季で勇退”という情報が流れ、『やっと鉄拳制裁から解放される』とホッとしている選手がいる一方、『最後なら監督を男にしよう』と考える選手もいる。いずれにせよ、かつてのピリピリした緊張感漂う雰囲気から一転、今季は選手たちがノビノビと取り組んでいる。星野監督自身も、細かい戦術や采配はコーチ陣に任せ、継投だけを自分で決めていて、その継投策がみごとに的中しています」(前出・楽天関係者)

 これに応えるように、若手選手が奮起し、成績を残しているのも今シーズンの好調の理由の一つだ。

 中でもパ・リーグでは、55年ぶりとなる新人開幕投手を務め、今季7勝(7月10日現在)をあげている則本昂大(22)は、プレッシャーをものともしないほどメンタルが強いという。

「先輩たちが食事に誘うと、ついてくるのはいいですが、ルーキーにもかかわらず、遠慮せずにガンガン注文するそうです。そのくせ、お酒も食事も自分が定めた一定量になると『もう、自分は結構です。帰ります』と、二次会は断固拒否。周囲が驚くマイペースぶりは、投球と共通しています」(前出・スポーツライター)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
「もうママとは生きていけない」ヒロミがブチ切れた松本伊代との「離婚危機」
3
「手で隠すなら出すな!」梨花が非難を浴びた「ボタン全開バスト」の中途半端な見せたがり
4
飯豊まりえと熱愛発覚で浮上した高橋一生の「すぐ破局する変人趣味」
5
35歳・マリエの顔が…38歳・藤井リナに「公開処刑」食らった「枕営業」暴露の痛手