芸能

「期待するのはそれじゃない…」のん、パンクロック生歌披露に漂う違和感!

 女優・のんが4月15日にインスタグラムを更新。新型コロナウイルス感染拡大の中、ファンや医療従事者を気遣うメッセージを綴っている。

 のんは〈医療従事者の皆様には最大の敬意を。そして大変な状況のなか、出勤して働いている方々にもお疲れ様とありがとうを伝えたいです〉〈身体も大切だけど、精神的にも落ち込んできます。そんな暗いムードを明るくしたくて、みんなの部屋充企画も延長させていただきました〉とし、画像や動画で部屋をSNSに投稿する、現在展開している参加型の企画を延長することを伝えている。

「募集するにあたり、のんも公式YouTubeチャンネルにおいて自身のアトリエでエレキギターを弾きつつユニクロのwebCMにも使われた『わたしは部屋充』を披露しています。パンクロック調の曲を約1分半にわたり熱唱する動画にネット上では《のんちゃん応援してます!》《とても元気出ました!》といった声や、一見、とてもきれいとは言えない雑然としたアトリエに《親近感が湧くわ》とする好意的な意見が出ていましたね」(ネットウオッチャー)

 しかし一方で、そこまでコアなファンではない一般の視聴者から出た感想には〈なんか違う〉〈期待しているのんの姿ではない〉といった否定的な指摘が目立つ。

「前事務所からの独立騒動以降、芸名をのんとして活動を再開するも女優業の道がなかなか開けない状況の中、特技でもあるギターを活かした“アーティスト”の面を全面に打ち出している彼女ですが、世間の多くは、あのNHK朝ドラ『あまちゃん』に代表される、透明感あふれる女優という見方から変わっていない。本人はそんなイメージを壊したいという思いもあるのでしょうが、ハードな曲を決してバツグンに上手とは言い難い歌声で張り上げるように歌う彼女に、違和感を覚える人が多いのでしょう」(芸能記者)

 早いところ、本格的に女優復帰したのんを見たいものである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ゴムは常備!? 重盛さと美、32年間お泊りなしの”連れ込み型女子”宣言のワケとは
2
綾瀬はるかも関係!?長澤まさみ、「ドラゴン桜」で“下半身見せ”覚悟の裏事情
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
とんねるず、「タモリのビールをよそにドンペリ」押し通した驚愕バブリー現場
5
有吉&夏目、“バレなかった逢瀬現場”を推察した今田耕司の「意外な着眼点」