社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<人間ドック>「検査項目は50~100。割安3万円コースも」

「人間ドック」のかかり時はいつからがいいのだろうか。

 検討したいのは、ガンや心臓病、脳卒中リスクなどが高まる35歳以降だ。項目は問診、尿検査、便検査、身体計測から胃部X線検査、腹部超音波検査など、多岐にわたる。受診すべき項目は、性別や年齢、既往症などで異なるが、まずはスタンダードコースを選ぶのがいいだろう。

 特定の疾患を調べたい場合は、オプションで追加するのもいい。例えば、ガンのリスクを一度に調べたいなら、「PET検査(コンピューター断層撮影技術)がお勧めだ。

 また、50代以降は、病気のリスクが特に高まるため、定期的に人間ドックを受けることが望ましい。

 例えば、息切れや動悸が気になる人、近親者に心臓疾患などの経験がある人なら、「心臓ドック」。飲酒習慣やストレスの多い人なら、「胃ガン検診」や「大腸ガン検診」。頻尿や残尿感、尿が出にくいなどの尿トラブルがある人は、「メンズドック」を受診するのもいいだろう。

 企業健診などの必要最低限の項目を受ける「法定健診」と異なり、「人間ドック」は、体のすみずみを詳しく調べてくれるのがメリットだ。検査項目は50~100程度、そのため、自覚症状がないうちに病気の早期発見ができるが、自由診療のため費用は高い。内容に応じて3~4万円から10万円超までと値段設定は幅広いので、ご安心を。

 受診場所は「人間ドック」の実施機関であれば、総合病院や大学病院、クリニック、診療所など、基本的にどこでも問題ない。自由診療のため、苦痛の少なさ、施設の快適さを基準とするのも一案だ。

 健康保険組合が補助制度を設けている場合や、自己負担分を会社で負担してくれる場合もあるため、事前に会社の制度を確認しておいたほうがいい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すずや橋本環奈も被害?女優の「透けバスト」動画を載せたYouTuberが物議!
2
石田ゆり子が「ヘアー写真」を次々公開!注目は陽光に輝く「ふんわりバスト」
3
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ旅」奇跡の逆転劇裏で起きた“アクシデント”
4
みちょぱ、「歯が抜ける夢」告白で浮上した“自分慰め行為への感情”とは!?
5
人気女子アナ「ガチ“豊満バスト”番付」9月場所(3)フジ・渡邊渚は大学時代から注目を集めていた