社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<人間ドック>「検査項目は50~100。割安3万円コースも」

「人間ドック」のかかり時はいつからがいいのだろうか。

 検討したいのは、ガンや心臓病、脳卒中リスクなどが高まる35歳以降だ。項目は問診、尿検査、便検査、身体計測から胃部X線検査、腹部超音波検査など、多岐にわたる。受診すべき項目は、性別や年齢、既往症などで異なるが、まずはスタンダードコースを選ぶのがいいだろう。

 特定の疾患を調べたい場合は、オプションで追加するのもいい。例えば、ガンのリスクを一度に調べたいなら、「PET検査(コンピューター断層撮影技術)がお勧めだ。

 また、50代以降は、病気のリスクが特に高まるため、定期的に人間ドックを受けることが望ましい。

 例えば、息切れや動悸が気になる人、近親者に心臓疾患などの経験がある人なら、「心臓ドック」。飲酒習慣やストレスの多い人なら、「胃ガン検診」や「大腸ガン検診」。頻尿や残尿感、尿が出にくいなどの尿トラブルがある人は、「メンズドック」を受診するのもいいだろう。

 企業健診などの必要最低限の項目を受ける「法定健診」と異なり、「人間ドック」は、体のすみずみを詳しく調べてくれるのがメリットだ。検査項目は50~100程度、そのため、自覚症状がないうちに病気の早期発見ができるが、自由診療のため費用は高い。内容に応じて3~4万円から10万円超までと値段設定は幅広いので、ご安心を。

 受診場所は「人間ドック」の実施機関であれば、総合病院や大学病院、クリニック、診療所など、基本的にどこでも問題ない。自由診療のため、苦痛の少なさ、施設の快適さを基準とするのも一案だ。

 健康保険組合が補助制度を設けている場合や、自己負担分を会社で負担してくれる場合もあるため、事前に会社の制度を確認しておいたほうがいい。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
今田美桜、吉岡里帆を圧倒した「ジャンボなバスト」CM映像が話題沸騰!
2
木南晴夏、インスタの水着姿で再注目された「意外に豊かなバスト」!
3
本田真凜、新CMメイキング動画で判明した“重量級バスト”の存在感
4
有村架純、「前科者」風呂シーンで見せた“マッパ美ボディ”にファン歓喜!
5
ぺこぱ、“鉄道寄り道旅を太川&蛭子から継承”で「のしかかる重圧」と「期待」