芸能

スマホを落とした北川景子と白石麻衣の危機/迫真「肌着ベッド」総覧(1)

 映画における「合意のない乱暴されるベッド場面」。荒々しく服を引き裂かれ、恐怖におびえるアンダーウエアの「震え」すら伝わってくる。

 撮影当時17歳だった広瀬すずが、2人の米兵に野外で襲われる衝撃のシーンに挑んだ。16年公開の「怒り」(東宝)のことである。映画評論家・秋本鉄次氏が解説するには、「屈強な米兵に口を押えられ、股を開かされ、まさかと思う迫力」だという白い胸用の肌着があらわになり「アイドル女優からみごとに脱皮しました」という。

 股の間から肌着をはぎ取られるシーンは、思わず目をそむけたくなる緊迫感。何度も葛藤と闘いながら役を演じきった広瀬に拍手を送りたい。

 変わった場面を見せるのは、抜群のプロポーションを維持する由美かおるだ。超能力者をテーマにした「エスパイ」(74年、東宝)では、一着が数十万円もする高級アンダーウエアを披露。「いやらしくなってしまうクスリ」を飲まされ、「催淫剤を飲まされ、インド音楽が流れる中で、黒人男性を相手に体をくねらせる」(秋本氏)といい、興奮が最高潮に達したところで、アンダーウエアが破り捨てられ、全肌を見せる姿に。

ゴージャスな肌着姿の宣伝写真は、当時、大量に出回ったものである。

 そして90年代に一世を風靡した飯島直子は、生涯唯一の生バストトップを見せた「Zero WOMAN 警視庁0課の女」(95年、ギャガ・コミュニケーションズ)が出色。カラダを武器に危険な捜査をする女刑事の役だが、マッパ姿でシャワーを浴びているところを殺し屋に襲われ、シャワーカーテン越しに銃を撃つ。前出の秋本氏によれば、後半には怪しい男に襲われ、肌着姿にされる場面もあるという。

 第1子の妊娠を発表した北川景子は、20億円近い興行収入を記録した「スマホを落としただけなのに」(18年、東宝)で、意外な姿を見せた。長い黒髪に執着する男によって監禁され、キャミソール姿でつるされ、体をなで回される。

 さらに、今年2月に公開された続編の「スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼」(東宝)では、白石麻衣が禁断の見せ場に挑んだ。

「半グレの男に頭を殴られて、車に拉致。手をガムテープで結束され、身動きの取れない白石の体を男がまさぐり、タイツ型のアンダーウエアをビリビリに破って、ブラウスを無理やりこじあける。純白の肌着に包まれた推定Dカップのみごとな渓谷があらわになり、透けた胸の血管も艶っぽかった」(映画ライター)

 乃木坂46としての白石の貴重な置き土産だった。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
王監督を激怒させたホークス“大乱闘”の内幕
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント
4
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
5
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由