芸能

キムタク「BG」、堺雅人「半沢直樹」…困難極める各局ドラマの“延期プラン”

 政府の緊急事態宣言が5月31日まで延長され、この影響をモロに受けているのがテレビ業界。 特にドラマの撮影はストップし、4月期ドラマは軒並み初回放送の延期や中止に追い込まれている。

「情報バラエティー番組はリモート出演で対応できますが、ドラマの撮影現場はスタッフ数が多く、役者もキスシーンやアクションシーンなど3密は避けられません。撮影済みのストックが切れれば、そこで放送はできないということになります」(芸能ライター)

 現在、各局の関係者は、撮影再開時期は早くて6月初旬と見ているようだが、となると、本来の4月期ドラマの放送期間である4月~6月には収まらないということになる。

 対応策としてはいくつかあるようだ。一つは話数を減らすこと。

「NHK大河『麒麟がくる』はすでに放送回数を減らして年内終了が報じられていますが、 民放の連ドラも同様の対応策を取る作品があるようです」(前出・芸能ライター)

 二つ目は、放送時期を遅らせること。

「木村拓哉主演の『BG~身辺警護人』(テレ朝系)は6~8月、堺雅人主演の『半沢直樹』(TBS系)は7~9月に放送という説が出ています。初回を延期しているドラマはこの案で対応する作品が多そうです」(テレビ誌ライター)

 一方、7~9月ドラマを1年延期するという案も一部スポーツ紙が報じている。これにより4月期ドラマを遅らせてもOKになり、もともと五輪中継に合わせて短めにしていた7月期ドラマをそのまま来年、放送できるというメリットがある。

「ただ、このプランはスケジュールとしては合理的ではあるものの、実際はかなり厳しい。主役級の俳優は1年以上先のスケジュール決まっているためで、もう1度同じキャストを揃えるのは困難ということです」(前出・テレビ誌ライター)

 今年のドラマ界は大変だ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
我慢の限界?ホラン千秋、「バイキング」坂上忍に言い放ったハラスメント悲鳴
2
隙間から見えてる!?島崎遥香、カメラに映っちゃった「美バスト」にファン熱視線
3
大沢たかお、広瀬香美との“格差婚”で安らげなかった主夫生活
4
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
5
「反則すぎだよ」の声も!「特捜9」、伊東四朗のセリフにファン感涙のワケ