芸能

福田明日香の“手本”となった「あのアイドルグループ」のマッパ事件史!

「モーニング娘。」の初代メンバーとして98年にデビューした福田明日香が6月19日、大胆な写真集を出すことで話題を集めている。お笑い芸人のユリオカ超特Q氏が分析する。

「まさか、あれだけあどけなかった彼女が先陣を切るとは思いませんでした。同じ『モー娘』なら後藤真希、加護亜依、矢口真里、吉澤ひとみといった“候補”がいましたが、うれしい“番狂わせ”ですね」

 90年代アイドルシーンの頂点に立った「モー娘」だが、70年代の大人気アイドルグループといえば「キャンディーズ」だ。映画評論家・秋本鉄次氏が衝撃の作品を紹介する。

「スーちゃんこと故・田中好子は、89年に、今村昌平監督作「黒い雨」(東映洋画)で、二次原爆症を患う女性の役を演じました」

 そして、浴室でみずからの髪の毛を触ると、ずるりと大量の髪の毛が抜けるシーンですべてを脱ぎ捨てた姿を見せたという。

「田中は同作で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞に輝きました」(秋本氏)

 モンスター級の人気を誇った「ピンク・レディー」は、それぞれに新境地を描く。

「ミーこと未唯mieは、解散直後の82年に『コールガール』(松竹)で主演を演じました。シャワーシーンでは、彼女がこんなことをするなんてと衝撃的でした」(前出・秋本氏)

 もうひとりのケイこと増田恵子も94年に「週刊プレイボーイ」で初マッパを披露。写真集も告知していたが、なぜか発売延期になり、幻のショットとなった。そして80年代に大ブームを巻き起こしたのは「おニャン子クラブ」だ。筋金入りのファンであるタレント・ブレーメン大島氏が振り返る。

「メンバーきっての歌唱力を誇った会員番号13番の内海和子が解散から5年後の92年、まさかの写真集を発売したのは驚きました。艶っぽい路線の対極にいただけに、まさかという感じでした。ほかにも会員番号8番の国生さゆりは、長渕剛の主演ドラマ『しゃぼん玉』(91年、フジテレビ系)で、マヨネーズをふんだんに使った不貞シーンを見せてくれました」

 6月2日発売の「週刊アサヒ芸能」6月11日号では、こうした意外な「その後」を大特集している。あの日の青春が蘇ってきそうである。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    提供:一般社団法人ブックスサイエンス「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
バストは大きいのに…土屋太鳳が明かした一般より小さな「体のパーツ」
2
土屋太鳳、久々公開バストショットの「圧倒的ボリューム感」に驚愕の声続々!
3
夏菜、こんもりGバストが“みごとに盛り上がった”「両手を頭乗せ」苦悩姿!
4
麿赤兒 次男・大森南朋が「お父さんの職業を描きなさい」と言われて描いた絵とは?
5
週刊アサヒ芸能「創刊60年の騒然男女」芸能スキャンダルの真相!(5)克美しげるに殺害された愛人の父が義憤告白