芸能

天才テリー伊藤対談「小柳ルミ子」(1)何もしないことを今は楽しんでいる

●ゲスト:小柳ルミ子(こやなぎ・るみこ) 1952年、福岡県生まれ。70年、宝塚音楽学校を首席で卒業し、NHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー。71年、「わたしの城下町」で歌手デビュー。160万枚の大ヒットとなり、「日本レコード大賞最優秀新人賞」受賞。以降も「瀬戸の花嫁」「星の砂」「お久しぶりね」など多数のヒット曲を送り出し、「NHK紅白歌合戦」に、71年から88年まで、18年連続で出場。また女優としても映画「誘拐報道」「白蛇抄」などの演技で高い評価を受ける。最近は筋金入りのサッカー好きとして、年間2000を超える試合観戦を行い、サッカー番組への出演も多い。芸能生活50周年を機に志村けん、萩原健一とのエピソードや、自身の「大人の恋愛」を初めて明かす「もう68歳と思うのか、まだ68歳と考えるのか」(仮)を、小社より9月に刊行予定。

「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」「お久しぶりね」ほか、数多くのヒット曲を持つ歌手であり、実力派女優としても活躍する小柳ルミ子。今年デビュー50周年を迎えるも、コロナの影響で厳しい状況に。つらい心を癒やすのは、親しい間柄である天才テリーとの気兼ねのないトークだ!

テリー ブログに今日の対談のこと、書いてくれていたよね。「2カ月ぶりの仕事」って本当に?

小柳 久しぶりですよぉ、デビューして今年で50周年なんですけれど、これだけ仕事がないのは初めてですから。

テリー えー、そんなおめでたい年なのに、えらいことになっちゃったね。

小柳 記念イベントもできないし、この2カ月間はただただ自宅にこもっています。外に出るのは10日に1回、いとこの家に車で出かけるくらいですから。

テリー 今は一人暮らしでしたっけ。

小柳 そうです。あとは、その外出時に近くのスーパーに寄って、1週間分の食材を買って帰るだけ。

テリー 車で出かけるんだったら、そのまま気分転換にドライブでもすればいいのに。今は都内の道もすいているし。

小柳 いえ、今は私、家でじっとする、何もしないことを、逆に楽しんでいるんですよ。

テリー そうなんだ?

小柳 私、小さな頃から毎日のようにお稽古ごとをやってきたから、「何もしない」という経験が本当に今までなかったんです。だから、この状況を前向きにエンジョイできているんですよ。

テリー 偉いねー、家では何してるの。

小柳 大好きなサッカーは年間2000試合ぐらい見ていたんですけど、今は中断していますから、昔のアーカイブの再放送を朝まで見ていますね。あとはCSで洋画を見たり。

テリー お、どんなのを見ていましたか。

小柳 ソフィア・ローレンやリチャード・ハリスが出ている「カサンドラ・クロス」(76年公開)がおもしろかったですね。

テリー それ、大陸横断鉄道内でパンデミックが起こる、パニック・サスペンスだよね。

小柳 公開当時も見ましたけど、恐ろしいぐらい今の状況と酷似しているんですよ。あとは、やっぱりオードリー・ヘプバーンの「おしゃれ泥棒」(66年公開)とか、スティーブ・マックイーンとか。

テリー あれれ、音楽は聴かないの。

小柳 音楽を聴くと、どうしても仕事モードになっちゃうんですよ。「こんなふうに私も歌いたい」とか「このサウンド、どうやって作っているんだろう」とか、いろいろ考えちゃって。

テリー ハハハ、リラックスできないんだ。

小柳 だからテレビは、サッカー、映画、コロナ情報の3本柱。もう今、私はコロナに関して、かなりの知識ありますよ(笑)。

テリー コロナに関しては、どう考えていますか。

小柳 コロナは非常に優秀なウイルスです。尊敬する山中伸弥教授は「コロナをやっつけるには人間同士が接触しない、距離を空けるに尽きる」とおっしゃっていますけれど、そんな状況を生み出したことが本当に憎くて。目に見えないやつにこのまま負けたら本当に悔しいですから、私たちもまだまだ頑張っていかないと。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
3
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
4
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え
5
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…