芸能

天才テリー伊藤対談「小柳ルミ子」(1)何もしないことを今は楽しんでいる

●ゲスト:小柳ルミ子(こやなぎ・るみこ) 1952年、福岡県生まれ。70年、宝塚音楽学校を首席で卒業し、NHK連続テレビ小説「虹」で女優デビュー。71年、「わたしの城下町」で歌手デビュー。160万枚の大ヒットとなり、「日本レコード大賞最優秀新人賞」受賞。以降も「瀬戸の花嫁」「星の砂」「お久しぶりね」など多数のヒット曲を送り出し、「NHK紅白歌合戦」に、71年から88年まで、18年連続で出場。また女優としても映画「誘拐報道」「白蛇抄」などの演技で高い評価を受ける。最近は筋金入りのサッカー好きとして、年間2000を超える試合観戦を行い、サッカー番組への出演も多い。芸能生活50周年を機に志村けん、萩原健一とのエピソードや、自身の「大人の恋愛」を初めて明かす「もう68歳と思うのか、まだ68歳と考えるのか」(仮)を、小社より9月に刊行予定。

「わたしの城下町」「瀬戸の花嫁」「お久しぶりね」ほか、数多くのヒット曲を持つ歌手であり、実力派女優としても活躍する小柳ルミ子。今年デビュー50周年を迎えるも、コロナの影響で厳しい状況に。つらい心を癒やすのは、親しい間柄である天才テリーとの気兼ねのないトークだ!

テリー ブログに今日の対談のこと、書いてくれていたよね。「2カ月ぶりの仕事」って本当に?

小柳 久しぶりですよぉ、デビューして今年で50周年なんですけれど、これだけ仕事がないのは初めてですから。

テリー えー、そんなおめでたい年なのに、えらいことになっちゃったね。

小柳 記念イベントもできないし、この2カ月間はただただ自宅にこもっています。外に出るのは10日に1回、いとこの家に車で出かけるくらいですから。

テリー 今は一人暮らしでしたっけ。

小柳 そうです。あとは、その外出時に近くのスーパーに寄って、1週間分の食材を買って帰るだけ。

テリー 車で出かけるんだったら、そのまま気分転換にドライブでもすればいいのに。今は都内の道もすいているし。

小柳 いえ、今は私、家でじっとする、何もしないことを、逆に楽しんでいるんですよ。

テリー そうなんだ?

小柳 私、小さな頃から毎日のようにお稽古ごとをやってきたから、「何もしない」という経験が本当に今までなかったんです。だから、この状況を前向きにエンジョイできているんですよ。

テリー 偉いねー、家では何してるの。

小柳 大好きなサッカーは年間2000試合ぐらい見ていたんですけど、今は中断していますから、昔のアーカイブの再放送を朝まで見ていますね。あとはCSで洋画を見たり。

テリー お、どんなのを見ていましたか。

小柳 ソフィア・ローレンやリチャード・ハリスが出ている「カサンドラ・クロス」(76年公開)がおもしろかったですね。

テリー それ、大陸横断鉄道内でパンデミックが起こる、パニック・サスペンスだよね。

小柳 公開当時も見ましたけど、恐ろしいぐらい今の状況と酷似しているんですよ。あとは、やっぱりオードリー・ヘプバーンの「おしゃれ泥棒」(66年公開)とか、スティーブ・マックイーンとか。

テリー あれれ、音楽は聴かないの。

小柳 音楽を聴くと、どうしても仕事モードになっちゃうんですよ。「こんなふうに私も歌いたい」とか「このサウンド、どうやって作っているんだろう」とか、いろいろ考えちゃって。

テリー ハハハ、リラックスできないんだ。

小柳 だからテレビは、サッカー、映画、コロナ情報の3本柱。もう今、私はコロナに関して、かなりの知識ありますよ(笑)。

テリー コロナに関しては、どう考えていますか。

小柳 コロナは非常に優秀なウイルスです。尊敬する山中伸弥教授は「コロナをやっつけるには人間同士が接触しない、距離を空けるに尽きる」とおっしゃっていますけれど、そんな状況を生み出したことが本当に憎くて。目に見えないやつにこのまま負けたら本当に悔しいですから、私たちもまだまだ頑張っていかないと。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、ボディの“S字ライン”クッキリ急成長に「もう大人のオンナ」大絶賛
2
橋本環奈“Dバスト”がきつくて苦しい!?自ら明かした「肌着事情」
3
土屋太鳳、Gバストがくっついたり離れたり!弟・神葉に羨望の声が出た密着映像
4
本田真凜に「大人のオンナ」指摘…宇野昌磨との関係も納得の“経験済み”進化
5
「こっちも信用しない」!林家三平に円楽が放った「生放送ダメ出し」の痛烈中身