芸能

天才テリー伊藤対談「小柳ルミ子」(4)50周年記念の新曲ハデに決めようよ

テリー 今の状況が一段落したら、まず何をしたいですか。

小柳 う~ん、やっぱり目の前のデビュー50周年に関するあれこれですね。私自身はあまり周年イベントって好きじゃないんですけれど、さすがに50年はやっておかないと。

テリー そうだよ、半世紀も第一線でいるって本当に特別なことだから。

小柳 まず、なんといっても新曲ですよね。まだレコーディングもできてないし。たぶん発表は秋以降になると思うんですけれど。

テリー もう曲はできているんだ。

小柳 候補曲はいくつか出来上がっています。ただ、当初「いいな」と思っていた曲をこの状況の中で出していいのか、という不安もあるんですよ。

テリー それはどうして?

小柳 等身大の私を感じてほしくて、アップテンポでアクティブな67歳の女の情熱を歌いたいんですよ。「若い子に負けてられないわよ」と、世のおばさま方がカッコよくマネしてくれる歌にできるといいな。そう思っていたんですけれど、こんなシリアスな状況のあとに出していいのか、と思って。例えば、もっと心に染みる方向がいいんじゃないかとか。

テリー 心に染みてちゃダメですよ。戦後にはやった「リンゴの唄」の歌詞、意味なんてないでしょう。つらい時に、悲しい歌なんて聞きたくないんですよ。俺だったら「この時期にこんな歌を歌うの、バッカじゃないの」みたいな曲が聴きたい。おへそを出した格好でサンバを歌うとかさ。

小柳 本当ですか?

テリー 「励まし合おう」「支え合おう」って歌はみんな歌うから、任せとけばいいんだよ。せっかくの新曲が、そこに埋没しちゃうのはもったいないって。

小柳 そうですよね‥‥。50周年に関しては、記念本とかまだまだ予定があるので、楽しみにしていてください。何かここ数年、自分の中にマグマみたいなものがたまっているんですよ。今までコツコツとため込んできたものがあって、グツグツいっている感じなんです。今はこんな状況だから発散する場がないけれど、それをバーッと吐き出したいんですね。

テリー 最高じゃない。それって、まだまだ意欲が衰えてないってことだもの。ルミ子ちゃんから見た「小柳ルミ子の魅力」って何だと思う?

小柳 自己分析すると静と動、善と悪、淑女と悪女‥‥そういう多面性をいろんな仕事で見せてきたのが私の個性なんじゃないかな。

テリー 確かにね。歌と演技と踊り、全部できちゃうんだから。50年のキャリアはダテじゃないよね。少なくとも、あと20年はやれるんじゃないかな。

小柳 フフフ、ありがとうございます、頑張りますね。もちろん、テリーさんもですよ。

テリー 僕は102歳まで生きることに決めているから、それまではね。ルミ子ちゃんも、死ぬ年齢は自分で決めたほうがいいよ。

小柳 じゃあ87歳にしようかな。

テリー それは現役を続けている年齢だから、ダメ。もっと生きないと。

小柳 わかりました。でもやっぱりエネルギッシュな人、情熱を失っていない人は長生きしますよね。

テリー 70歳くらいになると、最後は勢いだから。

小柳 本当ですね。今日はテリーさんからいっぱい元気をもらえてよかった。また楽しい動画、送ってくださいね。

◆テリーからひと言

 デビューしてからプロポーションが変わらないなんて、本当に意識が高いね。50周年の新曲はそんなルミ子ちゃんのいいところが詰まった、ポジティブな曲をお願いしますよ~!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    “JRA有馬記念VS年末ドリームジャンボ”一攫千金を叶えるならどっちが現実的?

    Sponsored
    239326

    ◆年末の風物詩である有馬記念師走となれば誰もが一攫千金を夢見る。その対象は大きく分けて2つ、JRAの有馬記念(G1)と年末ドリームジャンボ宝くじだ。馬券は実力次第で的中を手繰り寄せることができる一方、宝くじは完全な運任せ。まったく対極にある…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
坂本勇人スキャンダルでも懲りず…巨人「女性暴行」メジャー追放投手を獲りたいって!?
2
「松本人志はすでに終わっている」ケンコバ元相方が痛烈コキ下ろしの「分析力」
3
松井秀喜が選ぶ「プロ野球ベストナイン」で「あいつはラクした」辛口評価の遊撃手
4
第5回WBC 大谷、ダルビッシュらメジャー組「一転不参加」危機
5
「日本ハムは今年も最下位になる」高木豊のダメ出しVS新庄監督…ガチンコ激突の行方