芸能

上沼恵美子、「メールしてこいよ、私に」公開説教が関西では受けるワケ

 関西で絶大な人気を誇るタレントの上沼恵美子が、キングコングの梶原雄太に“公開説教”だ。6月8日放送の冠ラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」にて、3カ月ぶりの共演を果たした梶原を「帰って来なくていいのに帰って来ました」となじったものだ。

 さらに上沼は、帰ってきたかったと語る梶原に対して「それだったらあんた、今朝なんかメールしてこいよ、私に」と厳命。梶原に30秒間にわたる釈明の機会を与えるも、結局は「甘えっちゅうヤツやな」とバッサリ切り捨て、「たるみ、甘え、なまけ、無礼、上から目線、天狗」と罵詈雑言の限りを尽くしたのである。

「この発言がネットニュースで伝わると、ツイッターを中心に《いったい何様のつもり!?》《どっちが無礼なんだよ》といった反発が続出。器が小さい、勘違いといった批判も相次ぎました。ただ、上沼の発言にネット民が噛みつくのはよくあることで、『M-1グランプリ2017』でマヂカルラブリーに対して『好みではない』『よう決勝残ったなと思って』とダメ出しした際にもやはり炎上したものでした。もはや『暴言』からの『ネット炎上』は上沼にとってお家芸みたいなものです」(芸能ライター)

 そんな炎上などものともせず、関西では“女王”としてテレビに出演しまくっている上沼。梶原への公開説教もすぐに沈静化しそうだが、それにしても、なぜ上沼の暴言は“致命傷”にはならないのだろうか。

「ネットの評判だけを見ていると上沼に批判が殺到しているように思えますが、『上沼恵美子の─』が聴かれている関西地区では、ほとんどの人が“暴言”とは感じておらず、あくまで叱咤激励のひとつだと受け止めているんです。上沼自身も決して梶原に激怒しているのではなく、公開説教の直後には、『私も会いたかった。本当に会いたかったもん』と笑顔を見せるなど、説教相手の梶原も含めて関西人同士の密なコミュニケーションの表れなんです。ただそのやり取りが、非関西人にとってはキツい言葉に感じられるということなんでしょう」(前出・芸能ライター)

 それゆえ関西では、今回の公開説教を問題視する声がほとんどないうえに〈もっと言ったれ!〉という視聴者も少なくないという。上沼の関西流トークに文句をつけるのは、上沼の番組を観たり聴いたりできない地域の人ばかりなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!