芸能

上沼恵美子、「メールしてこいよ、私に」公開説教が関西では受けるワケ

 関西で絶大な人気を誇るタレントの上沼恵美子が、キングコングの梶原雄太に“公開説教”だ。6月8日放送の冠ラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」にて、3カ月ぶりの共演を果たした梶原を「帰って来なくていいのに帰って来ました」となじったものだ。

 さらに上沼は、帰ってきたかったと語る梶原に対して「それだったらあんた、今朝なんかメールしてこいよ、私に」と厳命。梶原に30秒間にわたる釈明の機会を与えるも、結局は「甘えっちゅうヤツやな」とバッサリ切り捨て、「たるみ、甘え、なまけ、無礼、上から目線、天狗」と罵詈雑言の限りを尽くしたのである。

「この発言がネットニュースで伝わると、ツイッターを中心に《いったい何様のつもり!?》《どっちが無礼なんだよ》といった反発が続出。器が小さい、勘違いといった批判も相次ぎました。ただ、上沼の発言にネット民が噛みつくのはよくあることで、『M-1グランプリ2017』でマヂカルラブリーに対して『好みではない』『よう決勝残ったなと思って』とダメ出しした際にもやはり炎上したものでした。もはや『暴言』からの『ネット炎上』は上沼にとってお家芸みたいなものです」(芸能ライター)

 そんな炎上などものともせず、関西では“女王”としてテレビに出演しまくっている上沼。梶原への公開説教もすぐに沈静化しそうだが、それにしても、なぜ上沼の暴言は“致命傷”にはならないのだろうか。

「ネットの評判だけを見ていると上沼に批判が殺到しているように思えますが、『上沼恵美子の─』が聴かれている関西地区では、ほとんどの人が“暴言”とは感じておらず、あくまで叱咤激励のひとつだと受け止めているんです。上沼自身も決して梶原に激怒しているのではなく、公開説教の直後には、『私も会いたかった。本当に会いたかったもん』と笑顔を見せるなど、説教相手の梶原も含めて関西人同士の密なコミュニケーションの表れなんです。ただそのやり取りが、非関西人にとってはキツい言葉に感じられるということなんでしょう」(前出・芸能ライター)

 それゆえ関西では、今回の公開説教を問題視する声がほとんどないうえに〈もっと言ったれ!〉という視聴者も少なくないという。上沼の関西流トークに文句をつけるのは、上沼の番組を観たり聴いたりできない地域の人ばかりなのかもしれない。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
2
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?
3
一緒に映ったらまさか…河北麻友子が親友・桐谷美玲に動画で“公開処刑”!?
4
美女アナ 朝っぱら情報番組「後継レース」(3)NHK・桑子真帆は結婚で退社?
5
太川陽介、新「バス旅」で冴え渡った独壇場“乗り継ぎテク”