社会

医者のはなしがよくわかる“診察室のツボ”<水虫>「足から陰部にうつる『股部白癬』も!」

 ジメジメした季節に発症する「水虫」。症状として「かゆみ」が伴うと思いがちだが、実際はごく少数にすぎない。自覚症状がないゆえに、気づかず放置されていることも多い。

「水虫」とは、白癬菌(はくせんきん)というカビが皮膚に付着し、繁殖したもの。白癬菌は皮膚のケラチンタンパクを餌にして増えるため、足の裏が格好の居場所となるのだ。白癬菌はスポーツジムや温泉など、裸足で不特定多数の人が歩く場所でうつされる場合が多く、足に感染することが最も多い。一方で、足から陰部にうつる「股部白癬」もあり、免疫力の低い人は全身に発症する場合もある。

 水虫のサインは「足の皮がむけること」だ。指の間の皮がむけるタイプが最も多く、指先や土踏まずに小さな水泡ができたり、爪が厚く白く、もろくなっていく「爪白癬」もある。

 ただし、爪が白くなっているからといって、必ずしも「水虫」というわけではない。靴で圧迫され小指の爪などが白くなっているケースもある。むしろ爪だけ「水虫」になる人はごくわずかで、足の「水虫」が長期間放置されて爪にまで入ることが多い。

 注意したいのは、かかとの角質が厚くなり、ポロポロむけるタイプの「水虫」だ。かゆみがないだけに、単なる角質だと思って放置している人が目立つ。

 足の皮がポロポロむけていたら医療機関を受診したほうがいいだろう。「水虫」と診断されると、塗り薬の「抗真菌剤」を処方される。皮がむけなくなったなど見た目の症状が治まっても、塗り薬の使用を自己判断でやめないことが重要だ。

 ちなみに「水虫」は夏に発生し、冬に自然に治るものと思い込んでいる人もいる。しかし、寒くなって症状が小康状態になっただけで、生き残った菌が夏にまた繁殖してくるというケースもある。治療は薬を塗るだけだが、続けられない人が多く、繰り返す人が多いので注意が必要だ。

田幸和歌子(たこう・わかこ):医療ライター、1973年、長野県生まれ。出版社、広告制作会社を経てフリーに。夕刊フジなどで健康・医療関係の取材・執筆を行うほか、エンタメ系記事の執筆も多数。主な著書に「大切なことはみんな朝ドラが教えてくれた」(太田出版)など。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美
2
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
3
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
4
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
5
村上宗隆もヒヤリ!ヤクルト歓喜のビールかけで田口麗斗が絶叫した「禁断のセリフ」