芸能

「女子アナの科学」誰も聞けないタブーな謎を解明する(3)NHK・桑子真帆の度胸は「タモリ直伝」

 毎回、テーマとなる土地柄に詳しいゲストとともに、タモリが街歩きを繰り広げる「ブラタモリ」(NHK)は09年にスタートした人気長寿番組。番組中、マニアックなトークに華を添えるのが、アシスタント役の女性アナウンサーだ。初代アシスタントに抜擢された久保田祐佳アナ(37)を皮切りに、首藤奈知子アナ(40)、桑子真帆アナ(33)、近江友里恵アナ(31)、林田理沙アナ(30)と人気女子アナが就任している。

 今春から6代目として浅野里香アナ(26)が出演しているが、注目を集めるのも当然だろう。女子アナウオッチャーによれば、

「3月14日の放送回では、5代目アシスタント林田アナの卒業回だった。タモリはオープニングでそのことに触れつつ、最後に『ご出世なさいませ』と笑いを誘った。もはやタモリ自身も認識しているのではないでしょうか」

 大物タレントの出演番組とはいえ、そんな出世を左右するほどの影響力があるのだろうか。NHK放送センターに勤務する現役スタッフによれば、

「結果として『出世コース』となっていることは間違いありませんが、むしろ『エース女子アナ養成所』の意味合いが強いのではないでしょうか。彼女たちはアシスタントとして番組に携わることでタモリさんに鍛えてもらっている印象です。局内でも桑子アナの度胸は『タモさん直伝』だと言われています」

 さらに一風変わったアシスタントの選出方法も「女子アナ虎の穴」の役割を果たしているのだとか。

「番組の尾関憲一プロデューサーがアシスタントの条件に挙げているのが『なるべく不慣れで素人っぽい感じがするアナウンサー』。この要望が『誰かブラタモリ向けのアナはいないか』と地方支局にも伝わってくるんです。私自身、昨年まで地方にいましたが、実際に何度も番組関係者から聞かれましたね」(現役スタッフ)

 地方から東京の本局に呼び戻される独特のシステムこそ「出世コース」の証しと言えよう。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本田真凛、「NHK杯」9位の苦戦よりファンが注目した“ボディの成長”!
2
太川陽介が最もヤバいバス旅マドンナに言及!マルシアじゃなかった!?
3
太川陽介のバス旅、あのマドンナが「ヒップ躍動」魅せ!新たな見どころになるか
4
「極主夫道」視聴率伸び悩み、“局内議論”で浮上した「最も根本的な問題」とは
5
フジ井上清華、「めざましテレビ」では見せない“ギャンブラー”本性