スポーツ

デーブ大久保が明かした原監督との「気持ちいいお風呂」体験!

 原監督に連れられた“気持ちいいお風呂”の正体とは!? デーブ大久保が巨人時代のエピソードを明かした

 元プロ野球選手、そして楽天ゴールデンイーグルスでは監督も務めた“デーブ大久保”こと大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で6月22日、「【球の宴会】原監督と一緒に出たオールスターで分かったセとパの差」を投稿した。

 大久保は1992年に西武ライオンズから巨人に移籍した経歴をもつことから、セ・リーグとパ・リーグの違いについて語る内容だったのだが、その中で原辰徳監督の教えや人柄、また原監督に連れられた「気持ちのいいお風呂」についてのエピソードを明かした。

「デーブさあ、ライオンズってどういう考えで野球やってるの? 何であんなに強くなったの?」当時、常勝球団だった西武ライオンズ。原監督は大久保にこう訊ねたのだそうだ。すると大久保、ライオンズの坂井保之球団代表(当時)から「2位以下はビリといっしょ。君たちよくわかってプレーしなさい」と言われ、ペナントを制するのは当たり前、日本シリーズで巨人に勝って初めて評価されてきたことから、「ライオンズの選手たちは仲良くなくていいんですよ、仲がいい必要はないんです」と伝えたという。これに原監督は、「優勝ってさ、皆したいじゃない? だったらさ、皆で仲良く優勝目指してさ、できなかったら仕方ないってのが俺たちだよな」と明るいチーム作りを強調したのだそうだ。

 また、大久保はオールスターゲーム後のこんな興味深いエピソードも語った。試合前から「今日は試合終わってもシャワー浴びちゃダメだぞ」と原監督から念を押されていた大久保。試合後、「原さんどこ行くんですか?」と訊ねると、「気持ちいいお風呂に行くんだよ」との返答。大久保は「原さんもそんなとこ行くんだ…」と勝手に妄想を膨らませたそうだが、行ってみれば宇宙の石を体に乗せてお湯をかけられるという、本当に気持ちのいいお風呂だったとオチのつく話で笑いを誘ったのだった。

 常勝球団の西武とはまた違い、伝統球団である巨人の4番に座り、また監督を3度も任されるには高潔な人格も要求されるのだろう。そんな原監督に、今度はぜひこのチャンネルに登場して欲しいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
【雨予報のGI宝塚記念】ドウデュースは大敗!重馬場で急浮上する「この3頭」のウハウハ適性
2
横浜F・マリノス「ホーム試合開催」大ピンチがスポーツ界に拡大する「深刻大問題」
3
人気俳優Aに「年内結婚」「事務所独立」が急浮上
4
サッカー前園真聖の後輩選手がビクビク暴露「高校時代は怖すぎた」その理由を聞いて脱力
5
大谷翔平の主婦人気ガタ落ちは本当か!本塁打単独トップへの無関心に「理由は結婚じゃない」