スポーツ

デーブ大久保が明かした原監督との「気持ちいいお風呂」体験!

 原監督に連れられた“気持ちいいお風呂”の正体とは!? デーブ大久保が巨人時代のエピソードを明かした

 元プロ野球選手、そして楽天ゴールデンイーグルスでは監督も務めた“デーブ大久保”こと大久保博元氏のYouTubeチャンネル「デーブ大久保チャンネル」で6月22日、「【球の宴会】原監督と一緒に出たオールスターで分かったセとパの差」を投稿した。

 大久保は1992年に西武ライオンズから巨人に移籍した経歴をもつことから、セ・リーグとパ・リーグの違いについて語る内容だったのだが、その中で原辰徳監督の教えや人柄、また原監督に連れられた「気持ちのいいお風呂」についてのエピソードを明かした。

「デーブさあ、ライオンズってどういう考えで野球やってるの? 何であんなに強くなったの?」当時、常勝球団だった西武ライオンズ。原監督は大久保にこう訊ねたのだそうだ。すると大久保、ライオンズの坂井保之球団代表(当時)から「2位以下はビリといっしょ。君たちよくわかってプレーしなさい」と言われ、ペナントを制するのは当たり前、日本シリーズで巨人に勝って初めて評価されてきたことから、「ライオンズの選手たちは仲良くなくていいんですよ、仲がいい必要はないんです」と伝えたという。これに原監督は、「優勝ってさ、皆したいじゃない? だったらさ、皆で仲良く優勝目指してさ、できなかったら仕方ないってのが俺たちだよな」と明るいチーム作りを強調したのだそうだ。

 また、大久保はオールスターゲーム後のこんな興味深いエピソードも語った。試合前から「今日は試合終わってもシャワー浴びちゃダメだぞ」と原監督から念を押されていた大久保。試合後、「原さんどこ行くんですか?」と訊ねると、「気持ちいいお風呂に行くんだよ」との返答。大久保は「原さんもそんなとこ行くんだ…」と勝手に妄想を膨らませたそうだが、行ってみれば宇宙の石を体に乗せてお湯をかけられるという、本当に気持ちのいいお風呂だったとオチのつく話で笑いを誘ったのだった。

 常勝球団の西武とはまた違い、伝統球団である巨人の4番に座り、また監督を3度も任されるには高潔な人格も要求されるのだろう。そんな原監督に、今度はぜひこのチャンネルに登場して欲しいものだ。(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ