スポーツ

金田正一VS王貞治「名球会大分裂抗争」(1)球界のスターOBたちの間でいったい何が…

 輝かしい実績を残した本物のスター選手のみが入会を許される「名球会」。日本球界で2安打したあとメジャーに渡り、2000本安打を達成した元広島・ソリアーノの入会問題が持ち上がったが、それと同時にファンを落胆させる「暗部」の存在も浮上。大分裂抗争に発展するドロドロ劇が進行中なのである。

 09年12月13日、埼玉県熊谷市の温泉リゾート「ホテルヘリテイジ」で、日本プロ野球名球会の総会が執り行われた。通算2000本安打、200勝、250セーブのいずれかの記録を残した選手が会員資格を持ち、会員28人が出席したこの総会では、副会長だった王貞治氏(73)の新会長就任が全会一致で承認された。

 これに先立ち、12月3日には都内で株式会社日本プロ野球名球会の臨時株主総会があり、10月27日付で提出されていた辞任届を受理する形で、金田正一氏(80)の初代会長兼代表取締役の辞任が決まっている。こうして「金田→王」体制への移行はスムーズに行われたかに見えた。

 だが、この交代劇の背景には、今も解決していない対立と抗争がある。

 トップ交代の翌10年10月、名球会は株式会社から一般社団法人へと法人格を変更。王会長は同時に理事長となった。これを機に、創設者たる金田氏、そして谷沢健一氏(65)が名球会を「退会」し、しばらくして堀内恒夫氏(65)の名前も会員リストから消えた。

「3人が退会していたことは知りませんでした。公式なアナウンスもないし、いつの間に、という感じです」(スポーツライター)

 名球会の公式サイトを見ると、確かに3人は会員名簿から削除されている。ところが金田氏は「退会などしていない」と立腹、谷沢氏も「今も会員だ」と主張しているというのだ。矛盾する見解。球界随一のスターOBたちの間で、いったい何が起きているのか。

 まず金田氏に話を聞こうと自宅を直撃したが、不在を理由に、対応した家人に用件を聞いてもらえず。そこで個人事務所「カネダ企画」に尋ねると、スタッフが困惑気味に、

「我々はまったく知りません」

 と答えるのみ。一方の谷沢氏の対応も不可思議だ。

「名球会は退会しているけど、会員は会員ですよ。2000本、200勝をあげた人が会員じゃないの?」

 かねてから名球会では、不透明な経理の問題が取りざたされていた。株式会社時代、事務局はカネダ企画と同じ住所で登記され、

「カネダ企画が名球会の仕事を請け負う窓口でした。野球教室、グッズ販売などの収入もカネダ企画に入る。マスターズリーグでは、億単位になる選手の総年俸のうち何%かを、選手の斡旋料として受け取っていた。その全ての会計が不透明であり、事実上、金田氏の個人商店だった。名球会を私物化していると言われたのです。退会トラブルの一因はこれでしょう」(スポーツ紙デスク)

 だが谷沢氏は、問題勃発はむしろ、王新体制への移行後だとほのめかすのだ。

◆アサヒ芸能8/27発売(9/5号)より

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「不貞騒動明け」後藤真希、夫と腕組みアピールに「旦那がすげえイヤそう」の声!
2
スリムクラブに続くW痛手!「闇営業謹慎」2700ツネ、「目隠し遊び」報道の波紋
3
“DNA”のエース!?横浜DeNA綾部投手の「18人不貞」にネットが大喜利状態!
4
長瀬智也の「地獄で会いましょう」ジャニー社長追悼に込められた“ケジメ”
5
宮迫博之、「バイキングを全否定」発言で坂上忍と遺恨に発展か!?