芸能

笑点の出演者が!水原希子の肌着が!芸能界「リモート事件」を一挙出しするッ

 コロナでテレビ放送も様変わり。出演者が2mのディスタンスを取っての放送はもはや常識。中には出演者全員がリモート出演する完全リモート番組まで登場している。こうした新しい放送に不慣れな芸能人が、いろいろと「やらかしまくって」いるという。

 例えば、コロナ感染防止のため、バラエティ番組が次々とリモートでの「新しい収録方式」に切り替える中、いち早く2月末に公開収録の中止を発表したのが長寿演芸番組「笑点」(日本テレビ系)だった。

 日テレ関係者が明かす。

「観客を入れたライブ感と、芸人のあうんの呼吸にこだわった番組作りで、半世紀以上公開収録を続けてきましたが、観客、出演者ともに高齢になるということもあり、いち早く公開収録の中止を決めました。収録済みの取り置きがなくなった後は、無観客収録でしのいできたが、コロナの影響が予想以上に長引くことを考慮して、リモート収録を決断したんです」

 しかし、そのリモート初回の5月24日の放送の大喜利コーナーは、司会の春風亭昇太以外はメンバー全員が自宅からのモニター画面で出演。もちろん座布団係りの山田隆夫もお役御免となった。

 無観客のため、スタジオに響くのはメンバーの笑い声だけという乾いた映像の中、自宅にある物を使って小話を作るお題が出されると、各自が自由に「自宅内探索」へ。モニター画面は全員空席となってしまうまさに緊急事態に昇太は悲鳴をあげた。

「誰もいなくなっちゃった。問題として失敗だったかもしれない」

 お後がよろしいようで~。ほかにも、水原希子のタンスの肌着、藤田ニコルのノー肌着リモート、長嶋一茂の自宅ピンポン、渡辺直美の“排泄穴”意味するワードの絶叫事件…。同時多発の“リモート突発アクシデント”の数々は、6月30日発売の「週刊アサヒ芸能 7月9日号」で笑撃報告されている。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
2
吉岡里帆 ドラマ「レンアイ漫画家」で“27秒42回”バスト揺れも大爆死の舞台裏
3
ボタンが弾け飛びそう!新井恵理那、“Dバスト”躍動バドミントン動画に絶賛の声
4
テレ朝・安藤萌々、2年目で見せ始めた“Dバスト”の「本領発揮」!
5
広瀬すず、“前かがみ美バスト写真”で飛び交った「ネメシス」視聴者の願いとは?