芸能

人気女子アナ「バストだけ総選挙」ベスト20(3)テレ東・森香澄が得意のダンス技で…

 胸揺れでは負けてないと名乗りを上げたのが7位の森香澄アナ(25)だった。

「今年は得意のダンス技で『見て!』というほど激揺れを披露しているのが彼女です。もはや『ザ・胸揺れ女王』と命名したいくらい」(丸山氏)

 2年目ながら、公式YouTubeで見せた乃木坂から欅坂まで本格的な胸揺れダンスでグイッと台頭中だ。

「今年1月からは競馬で乳乗せデビュー。さらに夕方の『よじごじDays』木曜でも巨乳が全開です。巣ごもり太りを解消するフィットネス器具の紹介では、両手を広げて左右にスイスイ横滑り。もちろん巨乳もワンピースの中でブルンブルンと大揺れ。他にも『WBS』の『トレンドたまご』のコーナーでも、カメラは森アナの胸を必ず接写してくれます」(織田氏)

 朝ニットで入選を果たしたのが「はやドキ!」で司会を務める8位の皆川玲奈アナ(29)。

「愛らしいルックスながら、バストは着衣の上からでもあり余るほどのボリュームが見て取れます。5月6日の放送ではシャドーボクシングでゆっさゆっさと乳揺れを実演していました。早起きするのは、どんな目覚まし時計よりも目が覚める、このバストでしょう」(丸山氏)

 同じく「グッド!モーニング」の9位の新井恵理那(30)も朝ニットで猛追している。

 最後は、意外な場面で乳アピール中の田村真子アナ(24)を特選ゴリ推ししよう。

 午後のワイドショー「ゴゴスマ」では、田村アナは2時50分頃に報道フロアから1人で登場。クールにニュース原稿読みを読み終えると、最後に、

「以上ニュースをお伝えしました」

 と、お辞儀する。その瞬間、テーブルの上で握った両手をニット乳がムギュと圧搾!

「大学では茶道部に所属したクールビューティな女子アナですが、外見に反してかなり立派なモノを持っています」(丸山氏)

 けっこうなお点前で~おいしくいただきました!

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」