芸能

犯罪軽視?ノンスタ井上、「アクタージュ」事件で「続きが見たい」に怒り殺到

“あの時”の本人もきっと、その程度の軽い気持ちだったのでは?と苦言が殺到中だという。

 原作者の松木達哉容疑者がこともあろうに女子中学生への強制わいせつ容疑で逮捕されたことで、「週刊少年ジャンプ」(集英社)に連載中だった人気漫画「アクタージュ act─age」が連載終了という事態に。ファンからはもちろん嘆きの声があるが、原作者の犯した罪が罪だけにあまり擁護の声はないとか。しかし、そんな中「アクタージュ」のファンを自称するNON STYLEの井上裕介が8月10日にブログを更新。今回の連載終了に言及したところ、その内容にブーイングの嵐だというのだ。

「井上さんは作品の魅力を紹介しつつですからよほど名残り惜しいのでしょう。そして逮捕された容疑者に対し『今は傷つけた相手の方を含め、しっかりと罪を償って頂きたい』『いつか、いつの日か。今回、被害を受けた方、携わっている出版社の方々、そして世間が許してくれる日が来るのなら、その時はアクタージュでこの先描く予定だった物語を見たいものである』といった内容を綴ったんです。その通りとうなずける部分も、もちろんありますが、でも“続きを見たい”とさっそく願望を書いていることに『結局、漫画を読みたいだけ』『罪を償ってから言うべきこと』『自分のときも復帰することしか考えてなかったんでしょ?』と苦言だらけになってしまいました」(エンタメ誌ライター)

 井上といえば、2016年に一歩間違えば大事故というタクシーの当て逃げ事件で書類送検に。不起訴になったが、一時的に活動自粛状態に。被害者の運転手が寛大な方だったことで復帰に繋がった形の“黒歴史”がある。今回のアクタージュ問題へのコメントは、その時と同じ軽々しい感覚なのでは?と疑われてしまったようだ。

「女子中学生へのわいせつ行為ですから、女性からの声は特に厳しい。『こういう罪もいつか許されるという感覚が理解できない』『性犯罪者の作った漫画をまだ読みたいとかおかしくない?』『当て逃げ芸人がどの口で言ってるんですか!』といった内容と、まるで井上さんが捕まったかのような怒りコメントもあります」(女性誌ライター)

 井上が率直な持論を展開するのはもちろん自由。だが、それがどうしても過去の行いを引き合いに出され批判されてしまうリスクが高いことに覚悟が必要な状況は、まだ続きそうだ。

(小机かをる)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
小西真奈美、美しすぎる逆光バストショットに絶賛の声!サイズもアップか!?
2
あの炎上ワードは口癖?渡部建を接客したホステスが“トイレ秘話”を告白!
3
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
4
深田恭子、「サーフボード手入れ中」水着姿公開でファンが「さすが!」大歓喜
5
ついに完熟の極みに!深田恭子 カレンダー写真で明らかになったボディの変化