スポーツ

長嶋監督がまさかの反応!デーブ大久保「バット叩き割り」後に“悟ったこと”

 1992年シーズン途中、西武ライオンズから読売ジャイアンツに移籍した大久保博元氏。93年には4番の座につくこともあり、94年には劇的なサヨナラ本塁打を複数放つなど打撃面で大いに活躍した大久保氏だが、この年の9月10日対広島戦において、三振後に悔しさのあまりバットを地面に叩きつけたシーンはジャイアンツファンにとって今も記憶に新しいところだ。

 大久保氏のYouTubeチャンネル〈デーブ大久保チャンネル〉に、バット叩き割りにまつわる秘話を語っている動画があった。7月11日投稿回のことだが、大久保氏が当時のバット叩き割りには伏線があったのだと真相を明かすとともに、長嶋茂雄監督(当時)のまさかのリアクションについても語っていたのだ。

 4、5点差離れて負けていた試合だったと振り返る大久保氏。点差が開いた場合、勝っている側は盗塁をしない等、王道の試合をやろうとの紳士協定があるのだと持論を展開する大久保氏が打席に立った際、初球からフォークが来たという。

 思い込みもあろうが、負けているジャイアンツに対して、ストレートで勝負に来るだろうと大久保氏は読んでいたそうで、相手キャッチャーの西山秀二選手に「初球からフォークって何だ!」といちゃもんをつけた。

 ところが、西山選手は「それだったらいきますよ」と返されたのだそうだ。ボールを当てに来るとも取れるし、今度こそストレートで来るとも取れる発言だが、結果はフォークで空振りの三振。感情の赴くまま、バットを叩き割りベンチに戻った。

 すると、長嶋監督に「おーい!ぶーちゃん」と呼び止められた大久保氏。怒られるのかと思いきや、である。

「良いぞ!」と褒められたのだと驚きを交え大久保氏は語ったのだった。

「引退してから聞いたんだけど、実は長嶋監督がデーブを好きだったのは、闘争心があると。巨人軍のナインは真摯たれって言葉があるから矛盾してるんだけど…」

 しかし大久保氏は過去の自分を振り返り、「自分は人様に対して感謝もしてなかったし、オレはオレで成り上がってきたと思ってた。そういうやつには罰が当たるんだよ。バットを叩き割ったとか、それ(罰が当たること)につながるんだよね…」

 最後は打撃の際にバランスを崩して転倒し足首を骨折したことが遠因となり引退。過去の自分のあやまちが招いているのではないかと悟りを開いたように語った大久保氏。我々も教訓としたいところだ。

(ユーチューブライター・所ひで)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
芦田愛菜、「おっきい」「太い」発言に視聴者が敏感反応!滲み出始めた“色香”
2
唐橋ユミ、バストが重すぎ?生放送中に“肌着ズレ”スタッフ慌てた事故映像
3
熊田曜子だけじゃない!?「大人の夜の玩具」を愛用する女性芸能人とは?
4
神田愛花、「水バラ」名物お風呂シーン“NG”に上がった大ブーイング!
5
太川陽介に不要論も!?テレ東「旅番組」新企画の気になる評判