スポーツ

斎藤佑樹“引退報道”で「再就職先」大手企業が続々オファー!?

 プロ野球日本ハムファイターズの斎藤佑樹が今期限りで引退すると、「週刊文春」が報じている。斎藤は昨季まで2年連続未勝利で、今期もいまだ一軍登板を果たしていない。入団時に交わした“10年契約”が満了することもあり、このままプロ野球人生を終了すると見られている。

 記事によれば斎藤は現在、二軍の本拠地である鎌ヶ谷で練習を続けており、YouTubeなどで一流投手の映像を見て研究しているというが、一軍昇格の見通しはなく、チームも10年契約の満了とともに更新をしない方針で固まっているという。

「斎藤は入団直後の2011年に最多の6勝をあげていますが、それ以降は成績が低迷し、一軍通算15勝に留まっています。プロになっても期待されながら1勝もあげられない投手は決して珍しくないなか、それだけでも大したものですが、ファンにとっては甲子園の“ハンカチ王子”のイメージがいまだ強く、物足りなさを感じてしまうでしょうね。本人は引退後、スポーツキャスターをやりたいと考えているようですが、テレビ業界自体が未曾有の大不況に陥っていますから、そう簡単には行かないと思いますよ。むしろ一般企業にサラリーマンとして入社したほうがいいんじゃないでしょうかね」(スポーツ紙記者)

 実際、関係者からは、大手企業が斎藤の雇用を検討し始めているというウワサも聞こえてくる。球団事情に詳しい関係者が言う。

「斎藤は高校時代から成績優秀で早稲田大学卒ですからね。広告塔として採用を考える大手企業もあると思いますし、少なくとも実務をこなす能力は確かでしょう。昨年は知人の元モデルと結婚し、周囲に『子どもがほしい』と漏らしているようです。堅実な人生を選択するのもおおいにありでしょうね」(前出・スポーツ紙記者)

 一部スポーツ紙は文春の報道を受け、親しい関係者に引退を完全否定したとも伝えられる斎藤。今後の動向に注目だ。(ケン高田)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
柴咲コウ&吉高由里子に惨敗!「荷が重すぎた」新木優子の「ガリレオ」演技
2
中国ファンドVS令和の相場師…日本企業「乗っ取り」攻防戦が過激化する
3
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
4
巨人・坂本勇人「伝統の一戦」がヤジの応酬になった阪神・西勇輝との「ゲス比べ」
5
「やめてーー!」足立梨花が「正面・バック・女性上位」ハメ映像漏洩に大絶叫