女子アナ

問題はそこ!?フジ堤礼実、DeNA神里と「熱愛」でネット民憤慨の意外ポイント

 間違いなく美男美女!だけど…。

 9月4日発売の写真週刊誌「FRIDAY」が、フジテレビの堤礼実アナの熱愛現場を激写。同局の「みんなのKEIBA」「めざましテレビ」で見せる美貌が大人気の堤アナということで、ショックを受けているオジサマたちも多いとか。しかも、その相手が球界でもイケメンで評判の横浜DeNAベイスターズの核弾頭・神里和毅選手。2人のファンは指をくわえて見てるしかない?

「同じ26歳同士、堤アナは美貌だけでなくハキハキした口調も知的で好感度も高い。一方の神里選手は社会人野球からドラフト2位指名されて、昨年はベイスターズの1番に定着。打率3割には届かないものの無難な成績を残し、今年の年俸は5000万円近くまで上がっているように地道にキャリアを伸ばしている選手です。とてもお似合いだと思うのですが、写真週刊誌の報道が神里選手の説明で使った表現に『それはない』『誰が決めたの?』と疑問の声が上がってしまったようなんです」(女性誌ライター)

 野球好きネット民を騒がせてしまったのが、神里選手を「球界ナンバーワンイケメンとして名高い」と評してしまったことだとか。ネット上では独身同士の熱愛には「へ~そうなんだ」程度の感想が多かった一方で、「球界ナンバーワンイケメン」という紹介の仕方に「イケメンだけど、せいぜいDeNAナンバーワン程度だと思う」「ちょっと待って!私のイケメン打線には入ってないよ」「FRIDAY公認イケメンということでいいですか?」と、特に女性野球ファンから一斉にダウトの声が上がってしまった。

「ちょっと笑っちゃいましたね。勝手に自分の好きなイケメン選手の名前を挙げて、神里選手の球界ナンバーワンに異を唱える人もたくさんいました。実を言えば私も週刊誌の報道で『えっ、そうなんだ!』と神里選手の写真を検索したほどです(笑)。確かに濃いルックスが好きな女性には超イケメンですけど、そうじゃない女性もたくさんいますからね。軽い気持ちでナンバーワンと書くのは、言われなくてもいいようなことを言われる本人がいちばん迷惑することになるかもしれません」(前出・女性誌ライター)

 そんなよけいなお世話なツッコミはあるものの、コロナ禍で浮わついた行動を取らず自宅デートを繰り返す2人には「すごくマジメな交際な気がする」「いつゴールインするんですか?」「素敵なパートナーがいてうらやましい」「お二人とも本業でさらに頑張ってください」と好感度を覚える人たちが多い様子。たとえナンバーワンじゃなかったとしても、やっぱりうらやましい?

(山田ここ)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
浜田雅功も絶句!ゆきぽよ、親密男性の薬物逮捕報道で注目された“炙り映像”
3
まさかお払い箱に!松本人志、「浜田は何も考えてない!」爆弾発言の“深意”
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!