芸能

いよいよ最終章!「半沢直樹の謎」を10倍返し解明(2)紀香が愛之助に美容指導を!

 ドラマを格調高くしているのが、銀行トップの中野渡頭取を演じる北大路欣也(77)の重厚な存在だ。

「現場にフラっと入ってきただけで雰囲気がピリッと変わる。セリフ回しにリズムがあり、ひと言発するだけで周りのスタッフは聞きほれてしまうほどの存在感です。たとえセリフがなくても、その場にいるだけで風格を感じる役者は、他にはいませんね」(ドラマスタッフ)

 出演者の中では北大路は最上格のはず。しかしエンドロールではトメ(最後)を香川に譲り、特別出演枠となっている。女性誌記者が語るその訳とは──。

「欣也さんは、ストレスを吹き飛ばしてくれる痛快な半沢の大ファンで、ドラマ出演自体を楽しんでいる。愛妻家の欣也さんは、ご夫婦2人で老人ホームに入っているのですが、ホームドクターやケアスタッフが24時間完備。さらには、専属シェフが日替わりメニューを用意、東京タワーを眺めながら食事できる高級老人ホームだそうです。ちなみに今回のドラマのギャラは、堺さん、香川さんに次ぐ3番手になります

 頭取ながら、ギャラは次長、取締役の次。しかも老人ホームから出勤していたとは驚きだ。

 ドス黒い野望渦巻くドラマで一服の清涼剤となっているのが「お帰り~直樹」と帰宅した半沢を迎える妻・花役の上戸彩(34)。その屈託のなさに、

「堺さんは、誰よりも上戸とのシーンを楽しみにしています。銀行では大和田との対決シーンなど、いつも眉を吊り上げ、しかめっ面で表情筋が固まっているのに、妻とのシーンでは表情が緩みっぱなし。毎回アドリブを織り交ぜて撮影を楽しんでいます」(ドラマスタッフ)

 ドラマでは「戦っているのは直樹だけじゃないんだからね」と内助の功を果たす頼りになる妻だが、年上の堺をこれほどまでデレデレにさせる魅力について、

「ギトギトの演技派ばかりのこのドラマでただ一人、素の魅力を出しているのが彩ちゃん。ふだんを知っている人なら、そのまんまだと思うはず。それでも堺さんは、夫を尻に敷く家庭のシーンについて『家でのボクと同じです』と話している。やはり、年下でも言いたいことをズバズバ言ってのける堺さんの実嫁・菅野美穂さん(43)を参考にしているんでしょうね」(芸能プロ関係者)

 そして、男くさいドラマの中で異彩を放っているのが片岡愛之助(48)だろう。

「私がお仕置きしてあ・げ・る☆」などとオネエ言葉で話し、時には部下の金玉をワシづかみする金融庁検査官役だ。

「歌舞伎の大ミエのように顔芸が見せ場となるドラマですが、このコロナ騒動でさらに顔面のアップが加速しています。そのため、地デジの大画面で肌の荒れが目立たぬように、妻の藤原紀香さん(49)が顔面パックなど、美容のアドバイスをしているそうです」(女性誌記者)

 美容のカリスマ妻のおかげで、オネエ検査官もやる気マンマンだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、東京五輪応援CMの縦揺れバストに「デカっ」視聴者釘付け!
2
フジ堤礼実に「穿いてない!?」疑惑声が上がった生放送“超ミニ”大サービス
3
小島瑠璃子、霜降りせいやへのアプローチに「まずは肉体関係から?」の指摘!
4
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
5
太川陽介「バスVS鉄道乗り継ぎ対決旅」に指摘が出た“ルール違反”