芸能

「半沢直樹」、堺雅人もノリノリ“アドリブ全開”もドラマ関係者は微妙な空気?

 新型コロナウイルスの影響により9月13日に延期となったドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第8話の代わりに、「生放送!! 半沢直樹の恩返し」が6日、放送された。

 代替番組ではファンへの“恩返し”として生放送が編成され、主演の堺雅人や渡真利役の及川光博、検査官・黒崎役の片岡愛之助、キーマンの1人・アンジャッシュの児嶋一哉、大和田役の香川照之ら主要キャスト5人が生出演。

 その中で、香川が劇中のアドリブについて「大和田みたいな跳ねられる役にアイデアを下さるので、結構半分以上が堺さん(のアイデア)」と告白。堺は「そんなことないよぉー」と謙遜したが、その後、「いや、そうです。来週の…あれも。ねっ!」と、来週放送分にも堺発案のアドリブがあることを示唆した。

 ネット上では〈(銀行)沈没!(と言ってソファに沈み込むように座る)って堺の発案だったのかw意外だな〉〈アドリブが堺雅人の発案というのは驚いたな。どちらかというと香川のほうが進んで考えそうなのにw〉〈まさかの堺のアドリブに吹いた。今後も加速しそうだなー〉など、大きな話題を呼んでいる。

 同ドラマは数々の“アドリブ”が視聴者に大ウケしているが、一方で一部の制作関係者からは苦々しい声も上がっているとか。

「『半沢直樹』ではもはやお約束になっているアドリブですが、脚本家や監督の中には絶対にアドリブを許さない人も多く、視聴者が当たり前のように受け取ってしまうことを危惧する声もあります。脚本家の倉本聰さんや橋田壽賀子さんなどの場合、一言でもセリフが違っているとNGになるのは有名な話。プロ意識の強い人ほど、改変を嫌う人が多いように感じますね」(ドラマ制作関係者)

 しかし、現在まで視聴率は絶好調なだけに、「半沢直樹」の制作関係者も大きな声を上げにくいというのが現状のようにも思える。

 長らく続編への出演を固辞していたという堺をやっと担ぎ出しただけに、スタッフも少々のアドリブには目をつむるしかないのかも!?

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」
5
フジ井上清華、割れ目クッキリ四つん這いで髪を振り乱し…「ヌケる!」未公開映像