芸能

「半沢直樹」、堺雅人もノリノリ“アドリブ全開”もドラマ関係者は微妙な空気?

 新型コロナウイルスの影響により9月13日に延期となったドラマ「半沢直樹」(TBS系)の第8話の代わりに、「生放送!! 半沢直樹の恩返し」が6日、放送された。

 代替番組ではファンへの“恩返し”として生放送が編成され、主演の堺雅人や渡真利役の及川光博、検査官・黒崎役の片岡愛之助、キーマンの1人・アンジャッシュの児嶋一哉、大和田役の香川照之ら主要キャスト5人が生出演。

 その中で、香川が劇中のアドリブについて「大和田みたいな跳ねられる役にアイデアを下さるので、結構半分以上が堺さん(のアイデア)」と告白。堺は「そんなことないよぉー」と謙遜したが、その後、「いや、そうです。来週の…あれも。ねっ!」と、来週放送分にも堺発案のアドリブがあることを示唆した。

 ネット上では〈(銀行)沈没!(と言ってソファに沈み込むように座る)って堺の発案だったのかw意外だな〉〈アドリブが堺雅人の発案というのは驚いたな。どちらかというと香川のほうが進んで考えそうなのにw〉〈まさかの堺のアドリブに吹いた。今後も加速しそうだなー〉など、大きな話題を呼んでいる。

 同ドラマは数々の“アドリブ”が視聴者に大ウケしているが、一方で一部の制作関係者からは苦々しい声も上がっているとか。

「『半沢直樹』ではもはやお約束になっているアドリブですが、脚本家や監督の中には絶対にアドリブを許さない人も多く、視聴者が当たり前のように受け取ってしまうことを危惧する声もあります。脚本家の倉本聰さんや橋田壽賀子さんなどの場合、一言でもセリフが違っているとNGになるのは有名な話。プロ意識の強い人ほど、改変を嫌う人が多いように感じますね」(ドラマ制作関係者)

 しかし、現在まで視聴率は絶好調なだけに、「半沢直樹」の制作関係者も大きな声を上げにくいというのが現状のようにも思える。

 長らく続編への出演を固辞していたという堺をやっと担ぎ出しただけに、スタッフも少々のアドリブには目をつむるしかないのかも!?

(ケン高田)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
桐谷美玲が最新全身ショット公開!スリムなのにバストは“サイズアップ”証言
2
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
大島由香里、「耐え難いことがあった」離婚原因の吐露に見る小塚の“罪深さ”
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)